【映画】AIKI2005/10/16 11:43

ボクシングをしている男が
事故で下半身麻痺となり、
合気を通じて成長する物語でした。

手術シーンは見ていて、痛々しいです。
加藤晴彦はいいですね。
火野正平も存在感ありました。

事故を起こすと、
事故にあった人だけでなく、
家族も大変ですね。

病院での火野さんの
主人公への喝はいいです。
心にグッときました。

ともさかりえが
カッコいいです。
ものすごくプラス思考です。

石橋凌もいいですね。
こんな優しい表情をする人だとは
思っていませんでした。

合気は、
相手を受け入れないと
技はかからない。
人間関係と同じように思われました。

道場での
師匠の主人公への
最後の言葉がいいです。

エンドロールで、
実際に
車椅子で合気をしている人の
映像が流れます。
エンドロールで改めて確認出来るのですが、
豪華な俳優が多く出ています。
こんな人が脇役でいいの?と思ってしまいました。

見終わって、
改めて、人は一人で生きていない、
支え合って生きている事を実感しました。
それにしても、
合気って不思議な
格闘技ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/10/16/109900/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。