【映画】THE SALTON SEA2005/10/30 10:25

覚醒剤の売人を警察に売る
タレコミ屋の男の物語でした。

ヴァルキルマーが若者達に
まじっているのが
ちょっとだけ違和感がありました。
でも、格好いいです。
背中の刺青が不気味でした…。

主人公は、
警察に売人を密告して、
中毒を見逃してもらってます。
どこにでもずる賢い人っているんですねぇ。

時々、綺麗なシーンが登場します。
覚醒剤の世界と反対でとても印象的です。

主人公がたれこんだ売人が
組織と繋がっていたため、
主人公の身に危険が迫ります。
とてもハラハラした。

銃の売人の説明が面白いです。
途中ある緊迫した場面で、
再度出てきたのですが、
ちょっとおかしかったです。

主人公は、ある女と出会います。
その女の人も訳ありです。
この女の人も可哀想です…。

どうして主人公が
今のようになってしまったのか
最後の方で解ります。
とても悲しい出来事でした。

人生って、いろいろあるなと思いました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/10/30/124434/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。