【映画】マーサの幸せレシピ2005/11/13 02:07

女性シェフのマーサと
亡くなった姉の子供、リナとの物語。

マーサの姉と姉の子供、リナが
事故にあいます。
姉は亡くなり、子供は助かりました。
その後、
マーサとリナの共同生活が始まりますが、
なかなか上手くいきません。
この二人が最後にどうなるのか、
目が離せません。

マーサが働いている店は、
とってもいい雰囲気です。
こんなところで食事をしたら、
高くつくだろうなと思ってしまいました。

マーサは頑固者なので、
誰とでも衝突してしまいます。
もちろん、リナとも。
しかし、可愛い一面も出ます。
下の階の住人に気があるみたいで、
何回か話すきっかけを作っていました。

事故のショックで、
リナは何も食べません。
そのリナがマーサの働いている店に、
新しく入ってきたシェフ、マリオの作戦で、
食べるようになります。
マリオの作戦なら、
誰でも食べたくなります。
マリオの頭の良さに関心しました。

新しく入ってきたマリオに
調子を狂わされているマーサ。
なんとなくですが、解ります。マーサの気持ち。
このシーンのバックで流れる音楽が印象的です。

可笑しいシーンもありました。
音楽を聴きながら、
踊りながら料理を作るマリオ。
下の階の男を無表情に見るリナ。
リナの子守の女性。

もちろん、
おいしそうな料理も出てきました。
お腹が空いてしまいました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/11/13/140287/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 映画細胞~CinemaCell - 2007/10/10 17:06

ハンブルクにあるフランス料理店。そこでシェフとして働き、その仕事振りと性格から