映画「touch of pink」2005/11/20 01:48

ゲイであることを隠している男の成長物語。

主人公の男は、
母親にゲイであることを隠しています。
ある日、母親が主人公のところにやってきます。
ゲイであることを隠したい主人公は、
証拠品などを隠したり、
同棲している恋人を
ルームメイトとして会わせたりします。
そこのところを面白、可笑しくすると思っていたのですが、
私の期待はハズレていました…。

?と思うシーンも何箇所かありまして、
「このシーンは必要なのか」
と思ってしまいました。

出てくる若者が全てゲイであるのは、
どうかとも思いました。

コメディと思って見てしまったので、
映画との差が有り過ぎて、
淡々と見てしまいました。

母親は強いなぁと。
母親は、どんな事をしても、
子供の味方なんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/11/20/148326/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。