映画「スコーピオン・キング」2005/12/03 19:55

アッカド人最後の生き残りの男が悪の戦士と戦う物語。

前から見たかった映画でしたので見てみました。

こういう映画は見ていて気持ちがいいですね。
敵をバッタバッタと倒していく姿は爽快です。

主人公が首から下を埋められたのを
馬泥棒が実際にどうやって助けたのか等の
「あれっ」と思うシーンもありましたが…。

ラクダが出てくるのですが、
本当に利口ですね。
ちゃんと演技?してるし。

主人公が子供に向かって
「半分ずつ敵を分けよう」
みたいな事を言った後の
「えっ、なんで?」というような
子供の顔が良かったです。

それにしても、
敵のボスは、
本当に救われないですね。
卑怯だし、残酷だし。
でも、
予言に頼るところが
人間らしい面もあるんだなと思いましたが、
最後はあっけなかったですね。

どうして主人公が
「スコーピオン・キング」になったのか、
ちょっと解りませんでした。
サソリの毒に勝って、
王様になったからですかね…。

コメント

_ kaori ― 2006/09/20 17:44

預言者がさそり座の年だみたいなことをいっていた気がします。

_ Suzu-Yasu ― 2006/09/20 19:51

kaoriさん、コメント、ありがとうございます。
預言者がそんな事を言っていましたか。
俺は、ちゃんと見ていなかったんですね。
答えてもらえて嬉しいです。
ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/12/03/164649/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。