映画「ブルドック」2005/12/13 22:37

麻薬捜査官が麻薬組織に立ち向かう物語。

7年間追いかけた麻薬組織のボスを遂に逮捕。
それによって、抗争が起こります。
どんな組織でもボスがいる事によって統一されているんですね。
そのボスがいなくなれば、「俺が!俺が!」と出てくる奴はいるんですね。
「ディアブロ」という奴が麻薬組織を牛耳ろうとします。正体は不明…。

その抗争に主人公は巻き込まれて…。
酷いとしか言えません。

この映画で、麻薬犬が登場します。
とても可愛いです。頑張ります。
必死に探す姿は本当に可愛いです。
また、見つけた時のポーズもいいです。
どんな犬でも訓練すれば麻薬犬になれるんですかね。

刑務所に入ったボスが「ある事」をきっかけに、
主人公に協力するようになります。
その「ある事」は本当に酷いです。
どうして、「ディアブロ」はこんな酷いことが出来るんだと思いました。

主人公が捜査のため、
麻薬売買する時に、ある男と出会います。
その男の一言で、主人公は感情的になり、
勝手な行動をとってしまい、銃撃戦となります。
この銃撃シーンは、迫力ありました。
敵の中に女の人がいたのですが、
二段落ちでのやられ方がとても可笑しかったです。
笑って、手を叩いてしまいました。

主人公は、勝手な行動をとった罰として、
バッチを取り上げられ、半年休暇、その間は精神科に通院。
復帰は、精神科通院の結果次第と上司に言われます。
首にならずに、半年休暇とは、良心的ですね。
事情が事情ですから、しょうがないんですけどね。

主人公は、「ディアブロ」を探します。
いろいろな危険な場面を乗り越え、
「ディアブロ」の正体が解るのですが…。
今までの出来事が嘘のように思えました。
どうして、こんな事したんでしょう。
「生きる」ためなのでしょうか。嫌ですね。

アクション映画だったので、ハラハラドキドキしました。
スカッとするシーンもありますし。
ぜひ、麻薬犬を見て欲しいです。

ある出来事による主人公の悲しむ顔は、
ヴィン・ディーゼルって、こんな顔も出来るんだと驚きました。
ところで、
ヴィン・ディーゼルって、白人男性ですが、
黒人男性ぽくて、カッコイイですね。
誰か同意してくれる人いませんかねぇ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/12/13/176391/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。