映画「アトミック・カフェ」2005/12/26 22:47


原爆にまつわる昔の映像を集めたドキュメンタリー。


驚きの連続で、「えーっ」と「おかしいぞぉ?」とばかり言っていました。


原爆の爆発シーンに驚きと恐さを感じました。
ヒロシマ、ナガサキも出てきました。


偉い人が、「神」という言葉を使っているのが、印象的でした。
使い方が、ちょっと違うような気がしましたが…。


原爆を落としたパイロットのコメントにも驚きました。
ゲームと間違えているんでしょうか…。


原爆ではないのですが、
スパイの死刑を生々しく語っているシーンがありました。
想像してしまいましたので、本当に気持ち悪かったです。
言っている人の言葉が解りやすくて、もう嫌でした…。


ある方が、「原爆は最高に美しい」というような事を言ってました。
「えっ?何が美しいの?」
また、ある方は、「原爆は安全」なんていう事を言っていました。
「原爆で人が亡くなるのに、安全って…」
また、ある方は、「原爆で亡くなった人は無名の戦士。貢献した。」
の意味の事を言っていました。
「貢献したくて、貢献した訳じゃないと思うんだけど…」


いろいろな歌を作っていますね。歌詞が凄かったです。
最後の歌は歌詞が良かったのですが、バックの映像が…。


インタビューを受けていてる婦人がまともな答えで安心しました。
自分の子供が戦場に行っていたら、こう答えますよね。
ほんと違う答えじゃなくて良かった…。


ある組織は、
原爆をどうにかして、いいイメージにしようとして頑張ってますね。
それにしても、皆さん、ポジティブ・シンキングですね。びっくりしました。


本当に恐い映画でした。見ていて、ぞっとしました。
やっぱり戦争は嫌ですね。
改めて、原爆の恐さ、戦争の悲惨さを痛感しました…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2005/12/26/190809/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 23mm_シホゴンパパのひとりごと - 2006/01/18 10:37

アトミック・カフェ

なかなかすごい映画を見た。
『アトミック・カフェ』は1982年の作品。3人の監督のうちの1人であるケビン・ラファティは、『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『華氏 911』でお馴染みのマイケル・ムーアのお師匠さんである。そして、現アメリカ大....