映画「テッセラクト」2006/01/02 22:30


ブツを巡る人達の惨劇。


イギリス人の男、心理学者の女性、盗みを働いている少年、
この3人が同じホテルにいたために、運命が動きます。
少年がイギリス人の男の部屋からブツを盗んだために…。
少年をなんとかしようとした女性が可哀想です。


人が銃で倒れるシーンは変わっていて、
まるで銃で撃たれる痛さが伝わってくるような感じでした。
これは本当に怖かったし、痛かったです。
なんなんでしょうか。
今まで見た事がないような感じでした。
不思議な気分です。
残酷なシーンなんですけどね。どうしちゃったんでしょうか。


最後の少年の怖がるシーンは、
本当に怖がっているように見えて、リアルでした。
私が少年の状況だったら、トラウマになりますね、絶対!


幻想的な世界で起きているみたいでした。
ある映画のようなシーンもありました。
銃で人が撃たれるシーンといい、
変わった映像が多かったですね。


見終わった後は、惨劇なのですが、後味が悪くありませんでした。
心理学者の女性は可哀想だったんですが…。
なんなんでしょう。変な気分です。
この映画自体が変わっているので、
自分も少し変になっちゃたんでしょうかねぇ。
不思議な映画でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/01/02/197498/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。