映画「マイノリティ・リポート」2006/01/25 00:09

犯罪予防局のチーフが殺人を起こすと予知されて起こる物語。

未来の話で、犯罪を予知出来る三人がいて、
その人達が予知した映像を見て、犯罪を未然に防ぐようです。
この発想、凄いですよね。私じゃ思いつきませんよ。
加害者?は犯罪を起こす前に逮捕されるのですが、
犯罪を未然に防ぐのはいいと思うのですが、
犯罪を犯していないのに逮捕っていうのは、
ちょっとおかしくないですかねぇ。逮捕は行き過ぎなような…。
だからと言って、他に何も思いつかないのです…。

主人公の犯罪予防局のチーフは、薬をやっています。
薬の売人、恐いです。驚きました…。
薬やってるのも、チーフの子供が消えてしまったからなんですよね。
本当に愛していたんですよね。嫌ですね…。
同じ思いする人を減らすために頑張ってるチーフは応援してました。
ただ、薬は、どうかと思いますよ…。

犯罪を予知するシステムはまだ正式ではないみたいですね。
調査員が来て、いろいろと調べます。
もうチーフの味方として見ていましたので、
この調査員を悪者と思ってしまいましたが、
今、思い返してみると、調査員は正当な事をしていたんですよね。

犯罪予知で、チーフが殺人を犯す事が判明。
チーフは自分の仲間に追われます。
そのシーンは、もう凄いですね。人飛んだりして。さすがですよね。
室内での争うシーンは面白かったです。笑いました。
部屋にいる奥さんの言葉、そしてテーブルから離れる家族が良かったです。

中盤以降、チーフと予知で殺される人との関係が明らかになります。
もう、これはちょっと考えられませんでした。どうしてって感じですね。
凄い急展開でビックリしました。

最後は、事の真相が解り、スッキリしました。
この結末には納得しました。

この映画の未来の世界は凄いですね。
網膜で人を識別できるシステムが街のあちこちにあったり、
車?もやっぱり浮いてるし。
網膜で人を識別できるシステムはちょっと恐いです。
常に監視されているような感じがして嫌ですね。

やっぱりスピルバーグ監督って凄いですね。
単純なお子ちゃまの私には、楽しかったです。
約2時間半の映画ですが、長く感じませんでした。
面白かったです。

映画「将軍の娘」2006/01/25 02:02

将軍の娘が殺された事件を調査する男の物語。

事件を調査する男が子供っぽくて面白いです。
また、テレビに映っている将軍に
向かって敬礼をする時の顔も良かったです。

将軍の娘の殺され方がとても酷かったです。
どうしてこのように殺されてしまったのかは、
後に解明されるのですが、それもも酷い事です。
こんな事になっていたら、
精神的に参ってしまいますね。
どうして助けてあげられなかったんですかね。
人間のエゴに負けたんですね。
結局は自分の事しか考えていなかったんですね。
悲しいですねぇ…。

将軍の娘の家であるモノを発見するのですが、これには驚きました。
なんでこんな事をしていたんだろうと思っていたのですが、
これもある出来事によるものから来ているんだと思うと、
悲しい反抗ですね…。

男が「この基地は腐ってる」ような事を言っていたのですが、
まさにその通りでしたね。
悪い事を皆で隠そうとして、
悪いイメージを出さないようにしているところは、もう腐ってます。
プンプンしますね。

最後に、男がある人に話すシーンがあるのですが、
見ていて、スカッとしました。
よくぞ言ってくれたという感じです。
本当の最後の字幕で、もっとスカッとしました。

謎解きで、面白かったです。
どうして彼女は殺されたんだろうと考えながら見れて楽しめました。
男性の中で、頑張る女性の方達は大変なんですね。