映画「永遠に美しく…」2006/02/11 03:00

二人の女性の若さ、美しさ、そして男を巡る物語。

作家の女性は恋人が出来ると、女優に取られ続けているらしい。
今度は、取られただけではなく、結婚までされてしまった…。
この女優と元恋人の二人の姿を見ている作家の女性の姿は、
何とも可哀想でしたね。幸の薄い女性という感じですね。

その結婚から7年過ぎ、作家の女性は大きく変わりましたね。
ビデオで恋人を奪った女優の出演シーンを見てますね。
作家の女性は何回も見ますね。いやー、凄いですね。
こうやって疑似体験して、スカッとしてるんですよね。
その後の作家の女性の行く先は…。
これも可哀想でしたね。しかし、ここで彼女が何をしていたのかが、
何も描かれていませんでしたね。あるきっかけを得るだけでしたね。

またまた7年経って、とうとう女優と作家の再会となり、
これが発端で、いろいろな出来事が起こるんですよね…。

それにしても「○年後」が多い映画ですね。
随分と時間の掛かる映画だ。
私は、あまり「○年後」って好きではないです。
なんか、手抜きのような感じに見えてしまって。

二人の女性に挟まれている男は優柔不断ですね。
あっちフラフラ、こっちユラユラ。
「どっちがいいか、はっきり決めなさぁい!」
コロコロ変わり過ぎです。
二人は、この男のどこに惹かれたんだろう…。

CG場面もありましたね。
女優の首のシーンは、ちょっとだけ驚きました。

作家の女性は、ある言葉を男に向かって連呼するシーンがあります。
その時の男の顔の表情がいいです。笑いました。
作家の女性に、男が完全に押されていますね。

女優がある屋敷で、
ある物の値段が決まるまで待つ間のしぐさが可愛かったです。
まるで子供みたいです。その後もふてくされた表情も良かったです。

女優と作家の女性が決闘するシーンもありましたが、
もっと迫力ある決闘を期待していただけに、ちょっと残念…。
せっかく人とは、ちょっと違うんだから、もっと決闘しないと…。

最後の二人の姿は予想外でした。
何?こんなんで終っちゃうの?と。

正直にいいますと、あるシーンから急に失速してしまいました。
もっと、はちゃめちゃなシーンを期待していたんですけどね…。
でも、いい教訓もありましたよ。
「口は災いの元」
女性二人は、自分の言葉によって状況を変えてしまします。
下手な事は言わない方が自分のためになる時もあるんですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/02/11/249198/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。