映画「海の上のピアニスト」2006/02/11 16:09

一生を船の中で過ごしたピアニストの物語。

船の中のピアノの上に置き去りにされた赤ん坊は、
船の石炭係?に拾われ、隠れて育てられます。
石炭係が少年になったピアニストに
文字を教えるシーンは見ていて、和みますね。
少年の質問に嘘を教える石炭係。解ります。
少年のためを思って、嘘ついているんですよね。
生みの親より育ての親ですね。
微笑ましいシーンの後に、石炭係の不幸。
ショックでした…。この後、少年がどうなってしまうんだろうと…。
ピアニストになると解っていても、こんな気持ちになってしまいました。

少年がピアノを弾くシーン。良かったです。
独学で覚えたんですよね。
皆、寝静まった頃にピアノを練習していたんですよね。
努力の少年に感動しました…。

ピアニストが大人に成長し、トランペッターの男を出会った後の
ピアノの演奏シーンは見ていて面白かったです。
こんな荒れた海で船が大揺れしている時に、
こんな事をするなんて、どうかしています。
ここが面白かったです。
やっぱりピアニストは年中、船の中にいるので、
船の中での楽しみ方を知っているんですね。
私は、これは恐いのでしたくないですけど…。

ピアニストの曲の作り方に関心。
なるほど、なるほど、曲に合ってますね。
こんな独創的な彼は、バンドのメンバーとの演奏中、「暴走」しますね。
この「暴走」シーンもいいですね。楽しいです。
お客さんもノリが良くていいですね。
しらけるか、盛り上がるか、紙一重のようにも感じますが…。

ある時、ピアニストが二人の男に追われます。
このシーン、面白かったです。
船内を知っているピアニストの方が断然、有利ですよね。
ちょっとコミカルなところがあって良かったです。
もう少し長くても良かったような…。

ピアニストに決闘?を申し込む男が現れます。
ピアノ演奏で決闘?想像つきませんでした。
で、決闘しました。
決闘を申し込んだ男は、いやー、きざっぽくって嫌味な奴。
決闘の勝敗は、どうするのかなぁと見ていたのですが、
勝敗はお客さんの反応なんですね。
この決闘シーンも面白かったです。
嫌味な男が主人公のピアノ演奏を聞いている時の表情がいいです。
演奏もいいですよ。

ピアニストはトランペッターから下船する事を薦められますが、
船から下りようとはしませんね。
でも、この気持ちは、なんとなくですが、解るような気がします。

最後のピアニストは、今までの行動からしても、当然でしたね。
これで違っていたら、しっくりしなかったです。
こういう結果になって良かったとは思っていませんが…。

トランペッターが訪れる楽器屋の主人。いい人ですねぇ。
こんな人、今の世の中じゃ少ないかもしれませんね。

ちょっと気になった事が。
トランペッターの目が左右にキョロキョロするのがとても気になった。
これは、わざと?それともトランペッターを演じた俳優さんの癖?

船の上のみで生活をするなんて、大変ですよね。
私だったら、ちょっと耐えられるか、どうか解らないですね。
ピアニストとトランペッターの友情にちょっとだけ感動しました…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/02/11/249596/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。