映画「12人の優しい日本人」2006/03/12 23:17

12人の陪審員の物語。

三谷作品は独特な台詞まわしがやっぱり目立ちますね。
私には、何人かで連続して台詞を叩き込むように
言っているような感じがして、
変わっていますし、面白いですね。

夫殺しの罪に問われている女性が
殺意があって夫を殺したのか?(有罪)
それとも正当防衛で夫を殺したのか?(無罪)
で話し合いが行われます。
その話し合いで出た意見によって、
12人それぞれが「有罪」、「無罪」と
コロコロと変わる姿は、面白かったです。

もし私が陪審員ならば、どうしたかなぁと
自分に置き換えてしまいました。
私は小心者なので、
飲み物ではないモノを注文した人と
同じようになってしまうかもしれませんね。
またはある人が頭が混乱するというような事を言っていましたが、
話し合いが続けば、混乱すると思います。
いったい、どっちなんだぁと。
はっきりしていればいいんですけどね。

それにしても、
個性的な12人が陪審員に選ばれたなぁと思いましたよ。
いったい、どうやって選ばれているんでしょうかね。
12人の中には、今回で2回目の人もいるくらいなので、
陪審員の選考方法には、少し興味を持ちました。
その前に日本でも陪審員制度ってあったんでしたっけ?
ここで常識を知らない事がばれてしまったかなぁ…。
どなたか教えて下さい。
よろしくお願いします。

12人の陪審員の中で、キャリアウーマンが気になりました。
特に、あの手帳が気になりました。
いろいろな事を書き記しているみたいですね。
休憩時間中に、
あるスポーツの事に話題がなった時も、
「ちょっと待って下さい」と言って、
手帳を見て、ある事に答えていました。
いったい彼女は、
どんな事をメモしているのでしょうかね。

この映画には
「あっ!見た事ある」という人が結構出ていましたね。
服が派手な男を演じていた人は今でも有名ですよね。
見た瞬間、「若い」と思いましたよ。
顔がなんかシュッとしているように見えました。
今よりも痩せてたって事ですかね。
見間違いかなぁ…。

久しぶりに映画を見ました。
そして、久しぶりにブログに書き込みしました。
ちょっとリハビリが必要みたいですね。
でも、やっぱり映画っていいですね。
また1日1本映画を見たくなりました。

映画「グロリア」2006/03/14 00:43

女殺し屋が幼い子供を守る物語。

マフィアの金をピンハネした男の家族がマフィアに狙われていた。
そこへ、この映画の主人公、グロリアがその家族を訪れます。
親達は、幼い息子に大事な手帳を渡し、
息子をグロリアに預ける。そして…。
ここから、グロリアと幼い男の子のマフィアからの逃亡が始まるが…。

グロリアは子供嫌い。
そのグロリアが男の子と一緒に逃げる内に、
だんだんと、男の子に情が移っていく姿は見ていていいです。
擬音になってしまうけど、ジワァーと来ます。
男の子と離れた後に、思い直して、男の子を探すシーン。
このシーンの時は、もうグロリアは母親の顔してましたね。

グロリアは殺し屋。
銃の腕が凄いです。早撃ちです。
えっと思っていると、もう撃って、敵を倒してました。
いやぁ、素早いですよ。なんでこんなに早いんだってくらいです。
見て驚きますよ。
なので、銃撃シーンは楽しかったです。
でも、最後の銃撃シーンがちょっと短かったような。
もう少し見たかったなぁ。最後なんだし。

グロリアに助けられる男の子は、いい演技、いい表情します。
ただ、私が一番気になったのは、この子の足の長さでした。
「いいなぁ、子供の時にこんなに足長くて」と思いました。
胴長短足の私には、うらやましく見えました。
あと、動きもいいんですよね。
列車の入り口を見て、右見て、左見ての体の動かし方が
パッ、パッ、パッという感じで見ていて、気持ち良かったです。
物語が進むにつれて、だんだんと
男の子の顔が勇ましく見えるようになりました。
この顔が良かったです。

場違いかもしれませんが、
この映画で思わず笑ってしまったシーンがありました。
グロリアが「歓迎するよ」と言って後ずさりするシーン。
この時の挑発の仕方と言い、顔といい、面白かったです。
後、グロリアが地下鉄から降りる時も面白かったです。
この時もグロリアの顔が良かったです。

空港でのレストランのシーンは、グロリアの迫力に圧倒されました。
凄い気迫ですよ。

最後の字幕の出方が面白かったです。
こんな字幕の出し方、初めて見ました。
驚きました。

音楽が古い感じがして良かったです。
画像も古いからかもしれませんが、
分かり易くていいですね。
悲しいところは悲しく。
劇的なところは劇的という感じで。
(こんな表現で分かってもらえるかなぁ。)

気になった点が何個かありました。
その中でも特に気になったのは、猫。
最初の方は、猫が出ていたんですが、
グロリアのアパートから別の部屋に連れて行ったのは、
覚えているのですが、
それから猫がどうなったのか、気になります。
猫、どこ行っちゃったんだろう…。

面白かったです。
グロリアと男の子がマフィアから上手く逃げられるのか、
ハラハラ、ドキドキして見る事が出来ました。
グロリア、カッコイイですよ。

映画「ワイルドシングス」2006/03/14 23:53

レイプされたと訴えられた高校教師と女子生徒の物語。

校内で人気の高校教師が
金持ちの女生徒からレイプされたと訴えられた。
高校教師は無罪を主張するが、
他の女生徒からもレイプされたと証言されてしまい…。

冒頭の高校教師が乗っている乗り物。
乗ってみたいですね。
風を受けて気持ち良さそうです。
スピードも結構出そうだし。
いいなぁと思ってみてました。
でも、操縦がちょっと難しそうかもしれないですね。

高校教師はハンサムらしい。
女生徒たちからの熱い視線が多い。
でも、本当にハンサム?
ちょっと額が広いように見えるんだけどなぁ。
教師の中では一番って事なのかなぁ。
他の教師もあまり出ないし分からないですなぁ。

レイプされたと訴える女生徒の母親の
最初の登場がとてもインパクツ大です。
「なんちゅう格好してるんだ!」と突っ込みを入れるのを
通り越して、呆れてしまいました。いい年して何してんですかね。
その母親は男を取り替えてばかりみたいですね。
「これじゃあ、娘も」って思いました。
この母親にして、この娘ありですね。

ケビン・ベーコンが刑事役で出てきます。
今回は、とても大人しいなぁと思って見てました。
他の映画だと、ちょっと普通の人とは違った役をやるので、
今回の普通の刑事役は意外で新鮮でした。
ただ、それは前半までで、後半は徐々に…。
やっぱり、ケビン・ベーコンでしたね。
こうでないと。

レイプで訴えられた高校教師は、いろいろな目に会いました。
見ていて、酷い事するなぁと思ってみてました。
本当にレイプしているかどうか分からないのに。
もし無罪となっても、
一度付いたイメージはなかなか抜けないですよね。
人間って勝手ですね。
調べ上げてからも遅くはないのにね。
勝手に思い込んで、決め付けてしまう事ありませんか?
私はよくあります。反省しました…。

この映画で一つ、お気に入りのシーンがあります。
それは、ある光景を見て、キョトンとするケビン・ベーコン。
顔がいいです。こんな顔するケビン・ベーコン、初めて見ました。
良かったです。この顔見ただけでもいいです。

エンドロール途中途中の種明かし映像、良かったです。
こんなの初めて見ました。
エンドロール流れても、すぐに席を立たせない、
いい作戦ですね。

それにしても、凄い映画でした。
私はすっかり騙され続けられていました。(日本語おかしい?)
いやぁ、なんだろう。どうなってるんだろうって思いながら、
いろいろと想像を膨らませながら。
きちんと監督の考えている方向へ進んでしまいましたね。
あまり言うと、ネタばれしそうだから、一言だけ。
「頭がいい人は凄いねぇ」

映画「イギリスから来た男」2006/03/16 00:20

殺された?娘の父親が復讐する物語。

娘が亡くなった事をある男からの手紙で知った父親は、
娘が事故死ではなく、誰かに殺されたと思い、復讐を決意し、
亡くなった時に娘と付き合っていた男を狙うのですが…。

主人公の父親は顔からして頑固親父という感じです。
余計な事は話さない。無駄な事をしないという本当の大人ですね。
ただ、娘が亡くなったのは事故ではなく、
誰かに殺されたと思ったんですよね。
父親なら当然ですよね。こう思うのは。

父親はあやしい場所に乗り込むます。
そこでの父親の行動は凄いの一言です。
実際に、行動場面は映像として映し出されてはいないのですが、
多分、無表情でやったのかなと音だけで想像してしまいました。
ちょっと恐いですね。

父親は、娘と付き合っていた男の家に。
そこでは何故か運良くパーティーが。
しかも真正面から入ってしまう。
入れてしまった男の家の警備の甘さにも驚きました。
誰でも入れそうです。
招待状の確認とか無さそうですし。
どうなってるんだ?

とうとう父親が男に接近。そして、バーン。男を撃った。
でも、これは父親の頭の中の想像でした。
またまた父親が男に接近。そして、バーン。男を撃った。
でも、これまた父親の頭の中の想像。
えっ?2回もやるの凄いなぁと思いました。
そしたら、今度こそ、父親が男に接近。そして、バーン。
今度はちょっと過激だ。これは想像ではないだろうと思ったら…。
いい加減にしなさい!と突っ込みを入れたくなります。
上記の回数と違っているかもしれませんが、
何回も父親の想像の中で男が撃たれました。
これは、2回までで止めといたほ方がいいんじゃないかと…。

男の家から逃げようとすると追っ手が。
追っ手が車から降りているところをある武器?で
父親はやっつけようとします。
この行動、凄いです。
追っ手をペシャンコにするつもりだったんですかね。

それにしても、この父親は、平気で、
「ムカついたから、殺した」と言いそうで恐いです。

父親を殺すために雇われた兄ちゃん。
期待はずれでした。
なんかやってくれると思っていたのですが、
時間切れだったんですかね。
残念…。

最後の銃撃戦は、あまり迫力なかったです。
もっと迫力あればいいのに。金持ちなんだから。
なんか落ち着いてますね。

最後の海岸のシーンもちょっとなぁ…。
真相が分かったので、スッキリしたのですが、
この真相もまた何とも言えないですね。
救われないですね。

この映画の音楽はピアノの曲が多く、
当然の事ですが、暗い印象でした。
復讐の物語なんですから、しょうがないですよね。
聞いていて、寂しい気持ちになりました。

いやぁ、なんだか、
私には分からない映画でもありました。
時間が行ったり、来たりするんですよ。
私、混乱しました。
あと、話す声は出ているのに、
何故か映像の人の口が動いていないという、
変なところも何箇所もありました。
なんで、こんな風にしたのかが気になりましたね。
変わった映画でしたねぇ…。
私は、何も小細工していない方が好きですね。

映画「陽だまりのイレブン」2006/03/17 01:12

ジーコとサッカー少年達の物語。

ジーコがサッカーを学びたい少年達を募集し、
22人の少年を選んだ。(その中には少女もいるんだけど。)
22人に選ばれなかった金持ちの息子が
父親に頼んで、ジーコのコピーが欲しいと言い、
父親に命じられて、遺伝子の博士がジーコのコピーを作ったのですが…。

はっきり言って、題名と映画の内容が全然合いません。
もうビックリしました。どこから、この題名が来たのだろうか。
まさか、この映画のDVDの隣にあった
似たような題名の映画からじゃないだろうなぁ。
イレブンってあるけど、少年は22人いるし。
サッカーだからって事で付けたのかなぁ。

サッカー好きの少女が少年に化けて、
ジーコのサッカー合宿に参加します。
でも、どうしても女の言葉や行動が出てしまい、
皆に怪しまれます。
いつ少女だとばれるのか、
それともばれずにいられるのかという事で楽しめました。
でも、ちょっと無理あるかなぁ…。

この映画は、あのジーコが出演。
どうせ、ちょっとしか出ないんだろうと思っていましたが、
ほとんど出ていました。
演技が上手いかどうかは私には分かりません。
サッカーやってるシーンもありましたね。
ちょっと長いような気もしましたが、
サッカーやっている時のジーコは楽しそうです。

ジーコが遺伝子の博士によって、
コピーされてしまい、「ジーコピー」が誕生します。
映画の中で「ジーコピー」と訳されていましたよ。
どうですか?このネーミング。
駄洒落ですよ。苦しいですが。
コピーする機械もなんだか寂しいです。
しかも、コピーされると副作用が出ます。
この副作用は、どうして起こるのか理解出来ません。
コピーされた時の状態からは、
とてもそんな事が起こるようには見えません。
不思議です…。

少年に化けた少女は、ジーコがコピーされた事を知ってしまい、
皆に言うのですが、誰も信じてもらえませんでした。
そこで、少女一人でどうにかしようと頑張ります。
少女が博士に見つかった時の逃げ方は頭がいいと思いました。
これは子供にしか出来ないですね。
大人がやったら無理がある。
この少女、頭がいいです。賢い。

最後に、選ばれた少年チームと、
選ばれなかった金持ちの息子のチームが試合をします。
これは見ていて楽しかったです。
みんなサッカー上手だなぁ。

ネタばれになってしまうんですが、
ジーコとジーコピーが出会ってしまい、合体します。
その時にですね、
ジーコピーが身に付けていたある物まで合体してしまいました。
これは凄いですよ。ジーコピー全部がジーコに取り込まれたんです。
ジーコの体は大丈夫なのでしょうか?
これはもうファンタジーの世界ですね。

最後の最後のシーン。
ジーコ・サッカー・センターでのシーン。
多分、見た人全員が唖然とするでしょう。
何故、こんな事が起きるの?と疑ってしまいました。
これは驚きました。もうこの映画は何でもありですね。

楽しかったです。
話が変わっていて、良かったです。
現実の世界ではなく、ファンタジーの世界ですね。
ジーコはよく、この映画の仕事を引き受けたと思います。
偉いです。この映画を作ってくれて、ありがとうと言いたいです。
とにかく、凄い映画です。