映画「ステルスVSステルス」2006/03/21 09:34

盗まれた機密ステルス機を奪還する物語。

テスト中のある特殊な機能を持つステルス機が盗まれ、
そのステルス機を奪還するために、敵地に潜り込むのですが。

盗まれたステルス機の特殊機能のシーンは驚きました。
どうやって、こんな事出来るんでしょうかね。
凄い技術を開発しましたねぇ。

飛行機の操縦って難しそうですよね。
なんかフラフラしそうで。
回転したり、急降下したり、逆さになったりしても、
よく気持ち悪くならないですよね。
気持ち悪くならなくなるのも訓練があるからですよね。

ステルス機を盗んだ人がいきなり顔の皮をはぐので、
「これは、天地茂だっ!」と思いました。
このシーンで思い出してしまいましたよ、明智小五郎。
よく母親と一緒になって、土曜ワイド劇場を見ていたんですよね。
ちょっと懐かしかったです。

ステルス機を盗んだ人は、どうしちゃったんですかね。
何かあったんですかね。
ちょっと悲しいですね。

主人公は飛行機を教えている最中に連絡が来て、
ステルス機奪還をするのですが、他に誰かいないんですかねぇ。
主人公は休みなのに。
優秀な人がいないのかなぁ。

主人公が組まされた相棒は、見るからに頼りないのですが、
最後の方になる頃には、そんなイメージは無くなりました。
でも、操縦している最中は、ちょっとうるさかったですね。
最後の方ではカッコ良かったです。

敵地の近くの村で助けてもらった女の人と、
どうにかなるかなぁと期待していたのですが…。
ちょっと拍子抜け。深読みし過ぎましたね。
でも、この女の人は、さすがに強いですね。
精神的にも、肉体的にも。
この女の人もカッコ良かったですね。

この女の人に従兄弟がいるのですが、
その従兄弟がいい味出してました。
調子のいい果物屋です。
この従兄弟の顔の表情がいいです。
主人公と女の人のある場面を見た時の顔の表情がいいですよ。

顔の表情と言えば、主人公も負けていませんでしたね。
助けてもらった女の人とある人との触りっこシーンと、
主人公の顔のシーンが交互に映し出されるのですが、
女の人が何かされると、
主人公の顔が「ハッ!」となるみたいで面白かったです。
(これは見てもらわないと分からないですね。)

最後の攻撃シーンは楽しかったですね。
爆発も多くて。
ただ主人公の男っぷりには感心しましたよ。
屋外の銃撃戦で、物に隠れずに、敵と撃ち合いしていましたからね。
前で撃ってから、振り返って撃つ事をやってましたからね。
どう考えても敵の方が多いんですから。
凄いです、この主人公の男は。

敵のやられっぷりも良かったですね。
大ボスのやられ方は、爽快でした。

最後の最後のシーンでの
お偉いさんのおとぼけ発言には、ズッコケましたよ。
主人公以外の他にいないのかね。

突っ込み所、満載で楽しかったですよ。
戦闘機などが好きな人にとっては
納得に行かないシーンもあったかもしれませんが。
どちらかと言えば、ステルス機でのシーンよりも、
地上戦の方が多いように感じました。
お約束もあって良かったです。
こういう映画は好きですね。

映画「ターン」2006/03/21 17:02

交通事故にあった女性の奇妙な日々の物語。

女芸術家が交通事故にあい、
何故か事故にあう前の日に戻ってしまったが、自分以外誰もいない。
そして、彼女が事故にあった時間になると、
また事故にあう前の日に戻る事に…。

まず、自分に同じような事が起こったら、どうなんだろうと考えました。
たった一人きりの世界に耐えられるかといったら、
多分、耐えられないかもしれない。
そんな世界に迷い込んでしまった女芸術家は、
いろいろとアイディアを出して、
自分一人ではない世界にしようと努力します。
その努力には心打たれました。

誰もいない世界の撮影はいったいどうやって撮ったんですかね。
本当に誰もいないし、車も通らないし。
撮影した方々の努力にも心打たれました。

ある日、一人の世界の女芸術家の家の電話が鳴ります。
女芸術家は電話を取ります。
電話の相手は、彼女の作品を買い、作品を使用したい男性でした。
どうして電話が繋がったんですかね。
これは私の考えなのですが、
もしかしたら、二人の波長が合っていたから、
電話が繋がったのではないですかね。
私がそう思ったのは、レストランでのシーンです。
違いますかね?

そのレストランのシーンは見ていて楽しかったです。
ただ、男の方は、他の人から見たら、
ちょっと変わった人になってしまいますね。

倍賞美津子が音楽の先生という所に驚きました。
どちらかというと熱血指導の先生の方が合っているような…。
あの独特な声で、どんな歌を歌うのか聴いてみたいです。

電話の男の部屋のストーブ。
なんかいいですね。置物としてもいい感じでした。

彼女がいる世界に、一人の男が現れました。
その役を演じるのは北村一輝です。
この人も変わった人を演じる人ですよね。
案の定、今回も同じでしたね。
同じなので安心するのですが、この映画では軽かったですね。
もっと、いろいろと行動してくれるのかと期待していたので、
ちょっと残念でした…。

ファンタジー映画でしたね。
もっといろいろと起こるかなと思っていたのですが、
女芸術家の他に人は、一人の男以外いませんからね。
何も起こるはずないですよね。