映画「ウェールズの山」2006/03/24 00:12

自分達の山を守ろうとする村人達の物語。

村に訪れた男二人は、地図作成のために、
村の近くにある山を測量するが、
規定の高さに届かず、山ではなく、丘となってしまい、
地図に載らず、村はイングランドの一部として載る事に。
村人達は、納得が行かず行動に出るのですが…。

この映画に出ているヒュー・グラントが若かったです。
この映画ではまじめな人を演じているなぁと思っていたら、
最後には、いつものようになっていましたね。
ちゃっかりしてるなぁ。

もしかしたら、この映画は実話を元に製作されたんですかね。
最後の最後のシーンで、なんとなくそう思いました。
最後の最後のシーンは面白かったですね。

村人達が今まで自分達が山だと信じていたものが、
丘だと分かり、ガッカリするのですが、
その後の行動にはジーンときました。
いいですね。
皆で一丸となって行動するのは。
でも、二人に悪さをするのは、ちょっといけないですよね。

ホテルの男は普段、まじめではないのに、やる時はやるんですね。
ちょっと感心しました。
でも、皆が頑張ってるのに自分だけ別の事をするのは、どうかと。

神父さんは、あんなに動いていたので、
最後に歳を知って驚きました。
年齢にしては、やっぱり動き過ぎのような…。

皆で一丸となって何かをやるのは本当にいいですね。
こういう映画は好きです。