映画「世界中がアイ・ラヴ・ユー」2006/04/14 01:24

ある家族の恋にまつわるミュージカル。

この映画の家族はほとんど恋をしてますね。
ナレーターをしている女の子は忙しい人ですね。
よく次々と出会いがあるもんだ。

その女の子の父親がウディ・アレンです。
彼は休暇先で一目惚れした女性と親しくなりたいといろいろ頑張ります。
いやぁ、健気ですね。
朝のジョギングを彼女がしている時に
知り合おうと思って、行動開始するのですが…。
彼らしいですね。ベニスってこんな町なんですね。
私も彼のようになりそうだ。
美術館での説明は、ちょっとバレそうですよね。
知り過ぎですよ…。

この映画にちょっとだけですが、
ニューヨークの四季の映像が出てきます。
特に冬の、雪の積もったニューヨークは綺麗ですね。

面白いシーンが沢山ありました。
まず、ホッケー。メイドさんがいいですね。
後はおじいちゃん。
おじいちゃんのミュージカルシーン。
変わった設定良かったです。
最初は驚きましたが。
川沿いのダンスシーン。
このシーンはファンタジーですね。
二人の凄い技の連続で楽しかったです。

面白かったというよりも楽しかったです。
暗い気分を吹き飛びますね。
有名な俳優さんが出ていて驚きました。
それにしても、ウディ・アレンは面白いですね。
居るだけで笑いまし、機関銃のようなしゃべりが好きです。
違う映画も見たくなりました。