映画「パニック・ルーム」2006/05/20 01:47

母と娘が強盗に襲われる物語。

可哀想な母娘でしたね。
離婚して、家を追い出されて、
新しい家での初夜に強盗に襲われるなんて。

新居は二人で住むには大き過ぎるんじゃないのかな?
掃除とか大変そうだし。(それは業者がするのかな。)
私だったら、この家には住まないなぁ。
でも、老後の事を考えて、エレベーターがあるのはいいですね。

母親が娘が寝る前に言った言葉
「嫌になるほど、愛してる」
なんかいいですね。
これは親子間ですが、好きな人に言われたら嬉しい言葉ですよね。

カメラの動きが面白いですね。
僕はこの動き好きです。

強盗のリーダー(?)はちょっと抜けてますね。
どうして、こんな人が仕切ってるんだろう。
しかも、へなちょこだし。
マスクマンは顔を隠しているだけあって、
一番恐い事言ってるし、してるし。
一番まともなパニック・ルーム関係者によって、
少しだけ救われますね。
やりたくてやってない事が表情で伝わってきて痛いですね。
でも、犯罪者なんですよね。
複雑だ…。

パニック・ルームに入っている母娘と、
パニック・ルームに入りたい強盗。
二組の攻防戦は面白いですね。
ハラハラしました。

娘が病気持ちで、体調が悪くなるなんて、
ありきたりなんですが、ハラハラしました。

チカチカライトはもう少しやった方が良かったんじゃないかと。
そうすれば、やられてる人が警察に連絡して、
すぐ助かったかもしれないのに。

パニック・ルームがちゃんと機能していない事が間違っていたのかな。
今、振り返ると、登場人物が予想していない事が起こって、
こんな風になってしまったみたいですね。

面白かったです。
この映画は好きですね。

コメント

_ アスカパパ ― 2006/05/20 09:35

はじめまして。
私の『パニック・ルーム』鑑賞記は、ちょっと辛口で、すいません。/(^_^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/05/20/372149/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ アスカ・スタジアム - 2006/05/20 09:28

前宣伝と評判が割合高かったが、期待外れまでは行かないにしても、それほどのことはなかった。ある評で「『裏窓』と『暗くなるまで待って』を合わしたような作品」と書いてあったが、「二兎を追えば一兎も得ず」になったのかもしれない。懐中電灯で向かいの建物の住人に合図を送るシーンなど、『裏窓』の模倣じみて全くの中途半端やなあ。

 最初にパニックルームの説明があって、強盗が侵入してきて、パニックルームに逃げ込んで、いろいろあって、最後にハッピーエンドという筋書きは、いたって平凡。それに解らないところがある。別れている父親が助けに来ることだ。普通、こういう設定では、果たして元の女房を助けに来るだろうか?ちょっと不自然な気がする。

 『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督は雨が好き。この映画でも雨のシーンがあるけど、『セブン』ほどの効き目はない。主役のメグを演じるジョディ・フォスターの全編下着姿もどんな意味があるのか?。画面も全般的に意識的に暗くしているがそう効果もあがっていなくて平凡。糖尿病の娘を巡る強盗とメグの葛藤が中心をなしているのが、辛うじてこの映画の屋台骨を支えている。

 でもまあ面白いことは面白い。しかしその面白さも後々まで残らないのだ。あの『裏窓』の覗き趣味の面白さは今もなお新鮮、あの『暗くなるまで・・』の緊迫感はいまも思い出されるのに対して、『パニック・ルーム』のそれは、後々、思い出すようなシーンもこれといって無いような気が今からする。凡作。(2002年5月22日、シネマデプト友楽にて観賞記)

_ Kristen Stewart News - 2007/01/05 15:50

監督:デビッド・フィンチャー共演:ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィテカー、ジャレッド・レト 他ステータス: 日本版DVDあり DVDをアマゾンで買う
予告編:Yahoo Moviesあらすじ:夫と別れたメグ(フォスター)は娘のサラ(スチュワート)と共にニューヨークの豪邸に引っ越したが、その夜に3人の男たちが家に侵入する。この豪邸には緊急退避用の退避所「パニック・ルーム」が備えられており、メグとサラはそこに逃げ込むが、男たちの目的はそのパニック・ルームの中にあった…今のところ最も有名な出演作で、これでほとんどの人は初めてクリステンに出会ってます。クリステン演じるサラはしっかりした子...

_ Kristen Stewart News - 2007/02/15 21:51

監督:デビッド・フィンチャー共演:ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィテカー、ジャレッド・レト 他ステータス: 日本版DVDあり

予告編:Yahoo Movies

あらすじ:夫と別れたメグ(フォスター)は娘のサラ(スチ