映画「サランドラ」2006/05/22 00:07

寄り道をしたために悲劇に襲われる一家の物語。

最初に登場した爺さんが言ってたような奴は、
いったい、どこに行ったの?
そんな奴いないじゃん。

人のやられ方がグロいですね。
リアル過ぎます。
やられた足首とか、犬の死体とか。

一番下の娘のとり乱れ方も恐かったですね。
それよりも、ちょっとうるさかったかなぁ…。
頭にキンキン来ます。
次男も嫌な顔してるし。

それぞれの敵をやっつける顔は凄かったですね。
一番恐いのは、気が狂った人間なのかもしれないです。

えっ?これで終わりというエンディングでした。
もっと何かあってもいいんじゃないのかなぁ…。

ホラーだと思って見ていたので、
期待していたよりは、あまり恐くなかったです。
最初に爺さんが言っていた奴現れるのかと思って、
ハラハラしてたら…。
この映画は私には合いませんでした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/05/22/374702/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。