映画「ギター弾きの恋」2006/05/24 00:31

自由なギター弾きの男の悲恋の物語。

この映画の主人公は、天才ギターリストで、
自由を好み、女性とは結婚しないという男です。
そんな彼は、口が不自由な女性と一年以上、
一緒に過ごしていました。
これはいいなぁと思って見ていたのですが、
突然、彼女の前から逃げたそうです。
何故逃げちゃったんでしょうか。
私には分かりませんでした。
やっぱり束縛されて自由が無かったのでしょうかね。

その後、主人公は何故か、他のある女性と結婚してしまいます。
これには驚きました。
結婚しないと言っていたのに、何故?
分かりません。主人公の気持ちが…。
もしかすると、この結婚は束縛ではなく、
単に相手の女性を妻として、
皆に見せびらかして、いい気分になるためにしたんですかね。
バーのシーンで、そうなのかなと思いました。

主人公は、口の不自由な女性と再会します。
その時は離婚していて、彼は自由の身です。
主人公は彼女に一緒に来ないかと誘いましたが、彼女は…。
その後の主人公の荒れ振りで、
主人公が彼女に「恋」をしていた事が表れていました。
人間って失ってみないと分からない生き物なんですかね。
いろいろな知識はあるのに、なんででしょうね?
もしかすると、自分以外に大事だと思ったのは
彼女が初めてだったのかもしれませんね。

当たり前の事かもしれませんが、
自分が大事だと思える人は大切にしないといけないですね。
不器用な主人公がちょっと可哀想でした。

いろいろな人達が主人公の事を説明するのですが、
その中でもウディ・アレンはいいですね。
普通(?)に話していても、何故か笑っちゃいました。
説明があって良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/05/24/377346/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。