映画「カノン」2006/06/09 00:38

元馬肉売りの男の物語。

この映画は三分割出来ますね。
最初は同居の女との話。
次は職探しの話。
最後は娘との話。

主人公の男は、仕事が見つからないため、いつもイライラしています。
ある事がきっかけで、
同居していた女に暴力を奮います。
これは酷いし、やり過ぎです。

職探しでも上手く行かずに、
ある場所で、ちょっとしたトラブルになります。
上手くいかないからと言って、
人に当たるのは良くないですよね。
でも、上手くいかないとこんな感じになるのは分かりますが、
ある場所から出て、ある決意をして、
また同じ場所に戻るのは、ちょっと…。
やっぱり、やり過ぎですよね。

最後の娘とは想像出来ない事が起こるし。
ホテルの部屋ので、「最初の」主人公と娘のシーン。
ちょっとずるい。
こういうのは、あまり好きではないです。
映画だからと言って、こんな事するなんて。

「バーン」という効果音が時々あります。
私はこの音、あまり好きではありませんでした。
この音のために何回もビックリしました。
ただ、この音にはある意味があったんですよね。
でも、これもちょっとずるい。

全体的に暗いですね。
そして、主人公の男の心の声が一杯です。
主人公をあまり好きになれませんでした。
こういう人も世の中にはいる、
自分の考えとは違う人がいる事を教わったようなって、
この映画を見た意味を無理やり作っているみたいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/06/09/397973/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。