映画「ヤング・フランケンシュタイン」2006/06/26 07:03

死体を蘇生した博士の孫の物語。

主人公の男は死体を蘇生した事に成功した博士の孫で、
ある日、祖父の屋敷に招待されます。
そこで男は祖父の研究結果を知り…。

白黒映画でしたが全く気にする事無く見る事が出来ました。

この映画はコメディですね。
ホラー映画ではなかったんですね。

男の助手の行動が面白かったです。
荷物持ったり、素早い動きしたり、
危険だと思って男にある事を言ったり。

男の婚約者の別れのシーンも変だった。
パーティーがあるからってねぇ…。

屋敷のある仕掛けを見つけたシーンも良かった。
何度も同じ動きをして。
分かりやすい笑いはいいですね。

あと、男が名前にこだわるのも面白かった。

最後の落ちには、なるほど、と。
静かな笑いもいいですね。

この映画の主人公の男の祖父の物語を
きちんと覚えていたら、もっと面白かったかもしれませんね。
ちょっと間違ったかなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/06/26/421270/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。