映画「キンスキー、我が最愛の敵」2006/07/16 01:45

独特な性格の俳優とその俳優について語る監督のドキュメンタリー。

1991年に亡くなった俳優キンスキーと映画を撮った監督が、
映画撮影時の話、共演者、関係者と共にキンスキーについて語ります。

正直に言いまして、恥ずかしながら、
私はキンスキーと俳優を知りませんでした。
この映画を見ようと思ったのは、
ある雑誌で紹介されていた記事を読みまして、
ぜひ見てみようと思い、やっと見る事が出来ました。
(どういう記事だったかは忘れてしまいました…。)

このドキュメンタリーに出演している人達の話からしますと、
キンスキーはとても乱暴で自己中心的な人だったみたいですね。
ある撮影の時にエキストラにとんでもない事をしています。
また、監督と撮影についての口論では凄い事も言ってます。
逆に、ある共演者の女優さんの撮影最後の日のエピソードからは、
とても人間として暖かい面を持っていた事が解ります。
そして、演技は天才のレベルだったみたいですね。
少しだけ、キンスキーの出演した映画が出てきました。
その一つの「ヴォイツェック」のワンシーンを見て、
よく解りませんが、この映画を見てみたいと思いました。
魅かれるものがあるのかもしれないですね。
乱暴な面と暖かい面を備え持っているからこそ、
演技が天才的なのかもしれませんね。

このドキュメンタリーの最後のキンスキーはいいですね。
表情が良くて、ちょっと子供っぽい感じがして、
とても印象に残りました。
乱暴者には見えないですね。

キンスキーと監督との強い絆が出ていたと思いました。
もしそうじゃなかったら、
このドキュメンタリーに出ていたような口論をしていても、
5本も一緒に映画を撮っていませんよね。
ぜひ、キンスキー出演の映画を見てみたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/07/16/446747/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。