映画「地獄甲子園」2006/08/23 00:58

問題児の転校生が野球(?)の燃える物語。

甲子園を目指していた正道(?)高校。
予選の相手は外道学園。
外道学園の野球部は試合中をいい事に、
事故に見せかけて(?)、相手校の選手を殺すという…。
校長は棄権しようとしたが、
その日の転校生がずば抜けた野球のセンスを持っていたのですが…。

非現実な世界でした。
野球の試合中の殺しは事故とし、
警察も手を出せないなんて、
どこにそんな世界があるんだぁ?
と突っ込みを入れてしまいましたよ。

主人公の人は声優ですかね。
声がカッコ良かったです。

野球のシーンはあまり見れませんでしたね。
どちらかというと、戦闘シーンが多かったですね。

メガネの母親が凄いインパクト大でした。
しかも戦いますからね。
そのシーンは迫力ありました。

番長、凄い生命力ですね。
しかも、ある部分が変わってるし。

この映画に出てくる人達は、
みんな生命力が高い人達ですね。

外道学園のキャッチコピーが聞いて、「えっ?」となります。
誰が付けたんでしょうね。

キャラクターが全て印象的ですね。

嫌な事があった時に見ると、
見ている間は忘れさせてくれます。
今日は、嫌な事があったので、グッドタイミングでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/08/23/495933/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 朕竹林   ~映画とネットとモバイル機器な日々~ - 2008/09/08 23:33

 B級なのは分かっているとして、結構普通の無茶な映画だ。よくこんなの作ったなと思った。

 ふと思い出してパッケージを見ると、原作があの「漫☆画太郎」だ。
 あの、あの、脅威の画で驚愕の中身の漫画で、週刊少年ジャンプで衝撃的なデビューを果たしたあの人だ。正直よくこんな企画を通したなと感心してしまう。

 原作者を考えれば、原作に忠実な見事な映像化かも知れない。

 …いや、ちとおとなしいかな。


監督:山田雄大
主演:坂口拓、伊藤淳司



がんばって「ババァゾーン」にも、手を出すか。
…いや、もう少し勇気が欲しい。