映画「スチュアート・リトル」2006/08/26 02:02

人間の家族に養子として迎えられたネズミの物語。

三人家族(夫、妻、息子)は養子を迎えようとしていました。
夫婦が施設に行くと、そこには変わったネズミが。
2人は、そのネズミを養子として迎えようと決めました。
息子が学校に帰ってきて、
養子となったネズミと対面するのですが…。

スチュアート、可愛いですね。
CGでここまで出来るなんて凄いですよね。
今だと、もっとリアルな"スチュアート"が出てくるんですかね。
性格がいいんです。
本当にいいネズミ(?)。
何か悪さをするのではないんです。
どちらかというと、優等生ですね。

この家族の夫婦は本当にいい人だなぁ。
養子を迎えようと決めた事が凄いですよね。
なんで、養子を迎えようとしたんですかね?
そのいきさつみたいなのが出てなかったけど、
どうしてなんだろ?

息子も可愛いですね。
養子に来たのがネズミだと知って…。
養子のネズミが出て行く事になって…。
素直ですよね。

ヨットレースのシーン、面白かったです。
ハプニングがあり、息子とスチュアートのヨットは…。
でも、なんでスチュアートに頼んじゃったのかなぁ。
子供の世界でも、嫌な奴はいるんですね。
こんな事やっても勝ちたいのかぁ。 寂しいのぉ…。

リトル一家の人達もいい人でしたね。
誰かしら、スチュアートを見て、
何かするのかと思ったら…。

ネコは酷かったなぁ。
よくあんな事を言う事が出来るよなぁ。

エンドロールは楽しかったですよ。

非現実の世界は好きです。
気分が落ち込んでいる時に見るといいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/08/26/499460/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。