映画「巴里のアメリカ人」2006/09/27 01:01

パリに住む絵描きのアメリカ人の物語。

絵描きのアメリカ人の男はパリに住んでいた。
お金は無いが、周囲の人達と陽気に暮らしていた。
そんな彼の絵が、あるお金持ちの女性に買われた。
その女性は彼のスポンサーになると言い出した。
その女性とある店に行くと、
そこに、ある女性がいたのでした…。

話の内容は、複雑では無かったので良かったです。
大部分は、歌とダンスのシーンが多かったように思いますが、
それらのシーンが面白く、楽しい気分になります。
特に良かったのが、絵描きと子供達のシーンです。
絵描きがいろいろなダンスで、子供達を楽しませます。
英単語を子供達に教えるのですが、
絵描き曰く、「一番難しい単語」として、
あげられた英単語には笑いました。
あと、最初の方のカフェのシーンですね。
おばさん達も一緒になって踊りだしますし。
このシーンを見て、
陽気に日々暮らせるのはいいなぁと。

絵描きの知り合いのピアニストの知り合いが
好きな女の子の想像ダンスシーン、良かったです。
いろいろな格好をしては、いろいろなダンスをしてます。
このシーンも見ていて、面白かったですね。
でも、いくらなんでも、あの姿勢で読書するよりは、
普通に読書する方がいいのでは…。

ピアニストのコンサートシーンもいいですね。
俺が特に気に入ったのは、
最後の方の太鼓(?)のような楽器を叩いていたシーンですね。
叩く人の表情が良かったです。
ちょっと笑いました。

最後のダンスシーンは、
何も知らずに見た私にはちょっと長かったかなぁ。
まぁ、しょうがないですよ<ね。

楽しい気分になれる映画です。
元気無い時は、
絵描きと子供達のシーンがいいです。
ぜひ、お試し下さい。

コメント

_ ほそもり ― 2006/09/27 23:14

なつかしい映画ですね。曲がまた素晴らしい。これも古い映画で、貴ブログの映画リストにはまだ登場しないようですが、トニー・ザイラーの映画もよいと思います。

_ Suzu-Yasu ― 2006/09/27 23:55

ほそもりさん、コメント、ありがとうございます。
DISCASのサイトで、
トニー・ザイラーで検索してみましたら、
「白銀に踊る」と「空から星が降ってくる 」
と出てきました。
この映画でいいんですよね?
違っていましたら、教えて下さい。
この2本見てみます。
ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/09/27/539343/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。