映画「あらしのよるに」2006/10/01 15:17

ヤギ・メイと狼・ガブの友情の物語。

嵐の夜に、小屋で雨宿りしていた一匹のヤギが震えながらいました。
そこへ、ひづめの音を出す者が小屋へ。
二匹は真っ暗な小屋の中で、話し始めて、意気投合。
明日の昼に小屋の前で、
ある合言葉の元に、再会する事を約束して別れました。
そして、次の日、合言葉に応えたのは、狼だったのでした…。

二匹の友情がいいです。
本当にいい。
お互いの事を知っていても、
くっついている二匹は、もう友情を越えてますよね。
一心同体は行き過ぎかもしれませんが、
それに近いですね。
お互いに、一緒にいるとホッとするなって思ってますし。
私にも、一緒にいるとホッとする人がいます。
ただし、恋人ではないのが残念ですが…。
よく分かりませんが、その人といると安心するんですよね。
きっと、こんな感じだよなと思いながら見てました。

狼・ガブの声は中村獅堂ですよね?
うーん、言われないと分からないですね。
さすが役者ですね。
「~でやんす。」がいいですね。
それに対して、狼のボスの声は竹内力ですよね?
これは、もうはっきり分かりましたよ。
やっぱり声だけでも恐いなぁ。
すっごいドスの効いた声ですよね。
こちらも、さすがという感じでした。

二匹のシーンで、涙と鳥肌出てしまいました。
川の中のシーンのヤギ・メイが「ガブ」と言ったところは鳥肌です。
で、陸に上がってのシーンでも、また鳥肌。
で、涙出たのは、かまくらの中でのヤギ・メイが言った言葉。
後半は鳥肌が出るシーンが多かったんですが、
あまり言うのもなんなので、これくらいにしておきます。

絵が不思議な感じがしました。
ヤギ・メイと狼・ガブが
なんか、ほんわかという感じの描かれ方でした。
絵本の絵のような感じでしたね。
ヤギ・メイの動きも凄かったな。
「こんな素早いヤギがいるのか?」と思うくらい素早いです。

ヤギ・メイの「はーい!気を付けて歩きまーす」は、
ちょっとふざけた返事で、
二匹の仲の良さが出ていて、心が和みました。

二匹が仲良くすることは、二匹にとってはいい事でも、
それぞれの群れにとっては一大事なんですよね。
それぞれ利用されているんじゃないかと疑ってましたし。
二匹は純粋に一緒にいたいだけなのにねぇ。
難しいですねぇ。

良かったです。いい話でした。
鳥肌も立っちゃいましたし、涙も出てしまいましたし。
もっと感情移入できる人だったら、号泣かもしれませんね。
私は、二匹の関係を自分とある人に置いて見てました。
この二匹のようになれればいいなぁと思いながら。
この物語の後、
いろいろあると思うけど、
二匹には頑張ってもらいたい。
私も二匹に負けないように頑張りたい。
そう思いました。