映画「監督感染」2006/10/04 01:36

有名人達が監督・脚本を手掛けた5本の物語。

「KENENN」 (鈴木一真)
コミカルな話でした。
ちょっと日常的ではありませんね。
阿部寛が良かったのですが、
何と言っても、大杉漣さん。
よくぞ、この役を引き受けたという感じで、
飛んでいて良かったです。

「終着駅の次の駅」 (榊英雄)
5本の中で、この話が好きです。
いつも電車に乗っているだからでしょうか。
見た後は気持ちが良かった。

「PAY DAY」 (松岡俊介)
異常な世界でしょうか。
えっ?えっ?えっ?という感じです。
最初の方に出てきたある人は、
やっぱり存在感ありますね。

「remholic」 (サーフェン智)
ちょっと俺には分かりづらかったです。
不思議な世界ですね。

「TWO SHOT」 (品川祐)
ちょっとカッコ良過ぎ。
これは監督が陶酔してるなぁ。
話の展開は予想がつきませんでしたので、
最後は…。

監督の性格が話に出ていたように思えます。
なんとなくですが。
こういう企画も面白いですね。