映画「ゾンビ・ドッグ」2006/11/02 18:40


犬を轢いた脚本家と蘇った犬の物語。

アル中の脚本家は酒を買った帰りの車で、犬を轢いてしまった。
その犬を家に持ち帰った脚本家は看病したが、
犬の呼吸は止まってしまう。
脚本家は裏庭に埋めるが、その途端、犬が蘇り、
脚本家に話し始め、犬の考えた脚本をタイプする事を要求するが…。

この映画は一体何なんでしょうか?
ホラー映画だと思っていたのに、全然ホラーじゃなかった…。
恐い部分は本当に無かったし。
主人公の脚本家の男は、仕事をせず、酒びたり。
人と会えば、自分の中で悪いように想像して、相手の人を憎みだすし。
マイナス思考、一杯の映画でした。

笑えるシーンがあるのかと思っていたのですが、
そのようなシーンには気が付きませんでした…。

私には全く合いませんでした…。
この映画が好きな人がいたら、
ぜひ、この映画の良さを教えてもらいたいです…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/11/02/606468/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。