映画「RENT/レント」2006/12/10 02:15

エイズと戦う人達、見守る人達の物語。

あらゆる会話が歌になっているので、
最初の方は、ちょっと違和感がありましたが、
見てくると、だんだん楽しくなってきました。
歌いながら、喧嘩するなんて、面白いですよね。

この映画のテーマ曲の歌詞は考えさせられますね。
こうやって、分に直してみると、分かり易い。
時間って大事にしないといけないですね…。
主人公達の何人かはエイズ患者なので、
この歌や他の歌を歌っているのを見ると、
気持ちが伝わってきました。
こう、いい歌が多いと、サントラが欲しくなりますね。
買っちゃおうかなぁ。

ある人がドラムスティックで
パフォーマンスするシーンがあるのですが、
その人の動きに驚きました。
素早いし、カッコイイし。
地下鉄のパフォーマンスも良かったなぁ。
でも、他の人の迷惑にならないようにしないとね。
あんな事、日本でやったら、どうなるんだろう…。
レストランでのパフォーマンスも楽しかったです。

好きな者同士がくっつくのは見ていていいですね。
逆に、素直になれなくて、離れてしまうのは、
もったいないですね。
でも、分かります、切ないですね。

この映画はエイズだけじゃなく、同性愛も入っています。
ある同性のカップルが婚約します。
その席で、ある人の両親がスピーチするのですが、
まぁ、なんとも理解のある親だなと思いました。
子供が幸せになればいいと願っている純粋な親なんですね。
でも、せっかく、いいパーティーだったのに、
ある事で終わっちゃうんですよね。
ちょっとは我慢できないのかなぁ…。

教会のシーンは、ジーンと来ました。
もちろん、鳥肌が立ちました。
いい歌、歌ってます。

主人公達は貧乏なのですが、いい友がいて幸せそうです。
お金で買えない価値のものは大事にしないと駄目ですよね。

この映画を見て、
エイズの恐さも少しだけ知る事が出来たような気がします。
ただし、この映画の中の人々は皆、立ち向かってます。
その姿に励まされるはずです。
元気の欲しい人にお勧めです。

この映画は、舞台、ミュージカルが最初なんですよね。
舞台の方も楽しそうですね。
機会があれば、見てみたいなぁ。

映画「クロウvsクロウ」2006/12/10 21:47

蘇った男と蘇らせたクロウの戦いの物語。

死んだ男は、クロウによって蘇生した。
彼を見つけた蘇生を研究する組織の施設に、
彼は行き、いろいろと検査を受ける。
しかし、組織の狙いは、
彼の体に組織のボスの魂を転送することだった…。

まず、タイトルに、う~んと思ってしまいますね。
「vs」と付いてるのに、戦う相手はいったいどこに?
首を長~くして待っていると出てきました。
戦闘シーンが見れると思い、期待していたのですが…。
あれ?もう終わり?しかも、こんな終わり?

ラストのシーンも、
「えっ?どうなってんだぁ?」と叫んでしまいました。
たぶん、これはテレビ映画なんでしょうか。
ところどころにCM入り、CM明けになるところが。
だからって、こんな終わり方は無いよぉ!
どうしろって言うんだ?

目が点になりたい方は見て下さい。