映画「エイリアンVS. プレデター」2006/12/14 01:10

エイリアンとプレデターの戦い。

南極の氷の下にピラミッドがある事が分かり、
様々な専門家達で、チームを作り、ピラミッドへ。
しかし、そのピラミッドには仕掛けがあり、人々は…。
そして、姿を消すものと大トカゲも人々に襲い掛かる。

楽しかったし、面白かったです。
最後の方は笑ってしまいました。
「なんで、こうなるの?今まではなんだったの?」と。

この映画のストリーを考えた人の発想は凄いですね。
たぶん、まず、エイリアンとプレデターを
どうにかして戦わせようと考えたんですよね。
で、ひらめいたのが、このストーリー。
とてもぶっ飛んでいて、俺は好きです。
でも、この設定だと、映画「プレデター」は…?
もしかして、プレデターには、いろいろな種族がいるとか?
そうだとすれば、納得できるかも。

この映画では3重の恐さが楽しめます。
エイリアン、プレデター、そして、ピラミッドの仕掛け。
一番恐かったのは、ピラミッドの仕掛けかな?
どうなって、仕掛けで死ぬって訳では無いけれど、
仕掛けによって、ピラミッドから出れなくなるのが恐いです。

この映画のエイリアンは、ちょっと弱かったような気がしますね。
こんな姿のエイリアンを見るのは初めてですよ。
プレデターの強さがそう見せてるだけなのかな?

プレデターは、少し卑怯な気がする。
姿を消せるのって、一番いい武器かもしれないし。
でも、ぼんやり見えるのか。

そう言えば、人がやられるシーンは、
そんなに残酷では無かったかもしれないですね。
どうしてなんだろ?子供でも楽しめるために?

ラストシーンは、また、お約束という感じですね。
この後、どうなっちゃうんだろ?
ちょっと気になります。

なんか久し振りに本当に楽しい映画を見たという感じですね。
恐いシーンもありましたが、
ある時点からの急展開に笑っちゃいましたからね。
この映画を見て、最後の方で笑っちゃった人いますか?
いませんかね?
たぶん、笑ったのは、俺だけじゃないと思うんだけどなぁ。
ぜひ、見ていない人は見て欲しいです。