映画「ザ・フォッグ」2006/12/16 01:05

霧に襲われる島の人達の物語。

ある島は、かつて4人の英雄によって守られた。
その4人の銅像の完成式典の前日から、霧が発生。
船で沖に出ていた4人が霧に囲まれ、
何者かによって襲われるのですが…。

何故、こんな事が起きるのか、いろいろ考えて見てました。
最後の方で、原因が分かりました。
なんか変な話だなぁという印象です。

主人公の女性が何故、いつもうなされる夢を見るのかも、
最後の方で分かったのですが、
こうなっちゃうのは、ちょっとおかしいのでは…。
彼女は人間なのに、何で?

人が襲われるシーンで2つ恐かったですね。
1シーンは逃げ場が無い事で恐く、
もう1シーンは、こうなったら、防ぎようのない事が恐かったです。

ちょっと物足りないです。
もっと不気味な霧が見たかったです。

考えれば、考えるほど、疑問の残る映画でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/12/16/1031271/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。