映画「ゲイル・バワーズ」2006/12/31 00:35

悪魔に獲りつかれた少女の物語。

両親を亡くした少女は姉夫婦と一緒に住む事になり、
ある家へと引越し、少女は一人、ガレージで暮らす事に。
すると、少女に異変が起こり、奇妙な行動を取るようになった。
そこで、義兄が友人に頼み、少女を診てもらうと、
悪魔に獲りつかれているのではと。
そこで、友人はある神父に頼み、悪魔祓いの儀式を行うのですが…。

ホラー映画なのですが、そんなに恐くはなかったです。
ただ、人が襲われるシーンはグロかったですね。

悪魔に獲りつかれてからの少女の行動は、
恐いと言うよりは、エロイ。
この悪魔は、一体に何をしたかったんでしょうかね?
あと、少女がとんでもない行動をしてくれるのかと
期待していたんですがね…。

少女が使用するベットが、
もうもろ、この映画で使用する感じでした。
これじゃあ、
少女を動かせないように縛り付けるんだろうな
と予想が出来てしまいますね。

「ウィッチボード」って、日本で言う「こっくりさん」ですよね。
勝手に手が動いて、霊と対話できる…。

少女の友達が少女のベットの下を見て、叫んでました。
一体、何を見たんだろう?
その時に、何かされたのかな?

儀式の助手の神父(?)2人は、どうしちゃったの?
強い信仰心がないと大変な事になっちゃいますね。

儀式の間、部屋に入ってはいけないと言われているのに、
姉は入ってしまいましたね。
当然の行動かもしれないけれど、
異常な出来事が起こっているんだから、
プロに従わないと。
従わないから…。

ハラハラ、ドキドキ感は、あまり感じられませんでした。
ホラーなのに…。
俺には合わなかったみたいです。
ちょっと残念…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2006/12/31/1082161/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。