映画「Jの悲劇」2007/01/14 02:03

大学教授に訪れる悲劇。

大学教授の男と恋人が高原にいると、少年だけ乗った気球が。
異変に気付き、数人の男達が気球を止めようとしたが…。
その日から、大学教授の男は、気球の件で悩み続けていた。
ある日、大学教授の所に、一人の男性が現れた。
その男は気球を止めようとした人の一人だった。

見終わった感想は、ただ一言。
「気持ち悪かった…」
ここまで来ると、どうしたらいいのか
分からなくなってしまいますね。
警察に届ける事で解決できる事なんでしょうか?
それとも、自分の手で解決するのか?
何か得策とかあったらいいんですけどね。

主人公の大学教授は、
現在公開されている「007」の主人公を演じている
ダイエル・クレイグでした。
知的な感じがあってますね。
あと、神経質そうなところも。
こういう役も出来て、ジェームズ・ボンドも出来るなんて、
やっぱり役者なんですね。

大学教授に悲劇をもたらす男は、本当に気持ち悪かった。
この男の行動は本当に見ていて嫌でしたね。
という事は、この男を演じた役者さんは演技が上手って事ですよね。

自分が大学教授と同じような目にあったら、
本当にどうしようと思ってしまいますね。
本当に恐いし、本当に嫌ですね。
やっぱり、人って、恐い部分もありますね。
改めて、思い知らされました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/14/1111066/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。