映画「奇談」2007/01/20 16:06

子供の頃に神隠しに合った女性の物語。

主人公の女性は、同じ少年が出てくる夢をよく見ていた。
彼女がある本を取り、読んでみると、
見たことのある建物の写真に目が止まった。
その建物があるところは、
かつて彼女が神隠しにあった村だった。
彼女には、当時の記憶が無く、断片的に思い出していた。
彼女は、その村へ行き、調べる事にするのですが…。

この映画はキリスト教について知っている人が
見ると楽しめると思います。
キリスト教に関連する事ばかり出てきました。
よく分からずに見終えてしまいました。

主人公の女性は、いいキャラですね。
おっとりしていますが、決意は固いようで、面白いですね。

主人公と行動を共にする男が阿部寛でした。
ここでの役柄も先生(教授?)でした。
他の映画とキャラが被ってるような気がするんですけど。
違いって、どこなんだろう?

穴の中は、ちょっと気持ち悪かったですね。

キリスト教について知っていない人にとっては、
この映画は、「?」と感じる映画だと思います。
私は、当然ながら、「?」でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/20/1126004/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。