映画「エクスタシー」2007/01/21 01:21

恋人と別れた男の物語。

恋人が部屋から出て行って、2ヶ月間。
男は彼女の事が忘れられなかった。
電話で彼女の送別会がある事を知り、
彼は、クスリの売人と一緒に
彼女の送別会へと行くのですが…。

主人公の男には性格に問題がありそうですね。
嫉妬深く、しつこく、どんな意見にも反論してるみたい。
一番良くないのは、気持ちを言葉にしない事ですね。
彼女に、「I LOVE YOU」と言った事が無かったみたいです。
どうして言えないんですかね?
おかしいですよね。
男は言葉にしなくても分かってくれるはずだから
言わないんでしょうかね?
私もどちらかと言えば、
言わなくても分かって欲しいという人ですが、
肝心な事は、やっぱり相手に伝えないと駄目ですよね?
何も相手に伝えていないのに、
分かってもらえなかったら、気分が悪くなる。
相手にとっては、いい迷惑ですよね。
ちょっと自分に似ている男に同情しました。

クスリの売人の男は、「トランスポーター」の人でした。
今と違って、坊主ではなく、髪の毛がありました。
坊主の方がカッコイイですね…。

主人公の男は、
呼ばれてもいない元恋人の送別会に行きます。
彼は、彼女と話そうとするのですが、
勇気が無いのか、トイレにこもってしまいました。
そこで、クスリをしたり、酒を飲んだり。
こういう状態の時って、長くなればなるほど、
出来なくなりますよね。

題名が題名なので、
どういう映画なんだろうと思っていたのですが、
スーッと見てしまいまいした。
こういう2人もいるんだなと。
ただ、気持ちを言葉に出して、
相手に伝える事って大事だよなと
改めて実感させられました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/21/1127170/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。