映画「少林寺VS忍者」2007/01/21 18:50

日本人で武術をする女性を妻に持った中国武術をする男の物語。

主人公の中国武術をする中国人男性は、
幼い頃に一緒にいた日本人女性を妻としてもらう事になった。
しかし、その日本人女性が日本武術を愛する人で、
2人は、中国武術と日本武術どちらが良いかと喧嘩をしてしまう。
日本人女性は強くなるまで帰らないと日本に戻ってしまった。
なんとか中国に帰らせようと、
彼女に挑戦状を送ると、
日本人の武術家達が中国にやってきてしまった…。

日本人女性は頑固ですね。
中国の家庭に嫁いだのに、
彼女は日本を貫き通そうとしていましたね。
これは、ちょっと違うんじゃないの?と思いました。
中国なんだから、中国なりのやり方に従わないと。
それに、いくら道具が無いからって、
いろいろな物を武術稽古の道具にするのもおかしいよなぁ。
極めつけは、主人公の道場の物を許可無く、外に出して、
自分の物を置こうとしてましたからね。
これって、日本人がする事なのかな?
人として、ちょっと変な女性でしたね。

日本人妻に送った挑戦状が間違って、
日本人武術家達に火を付けてしまいました。
主人公は、複数の日本人武術家達と対決します。
1日1人との約束で始めたのですが、
中には卑怯者もいて、
こんな手を使うのは、同じ日本人として、情けなかった。
武術家なのに…。

倉田さん、八名さんが出演していましたね。
2人とも当然ながら若いですね。
倉田さんは、やっぱり忍者でしたね。
この忍者もおかしかった。
「ここは君の勝ちだ」と言っておきながら、
まだ対決は続いていました。
1回、負けを認めておきながら、対決は続く。
なんか変ですよね?
往生際が悪いと言うか、負けず嫌いと言うか。
この対決をするまでの他の人達との対決の結果で、
ほぼ勝負は決まっているように思えるんですけどね。

主人公の「中国人」男性がある日本人武術家と戦い、
「中国人」男性が勝った。
その後、日本人男性が尊敬の意を込めて、
ある行為をしたのに対して、
「中国人」男性が無礼をしたと、
日本人武術家達は怒っていました。
これも変ですよね。
相手は「中国人」。
日本の礼儀を知らないのは当たり前じゃないですか。
それなのに、無礼な事をしたなんて。
主人公の「中国人」男性も、
そのような事を知りませんでしたからね。
少し考えれば、分かる事なのになぁ。
頭に血が昇っていれば、
冷静な判断が出来ないのは、しょうがないのかな?
でも、武術家ならば、どんな時も冷静なような気がするんだけどなぁ…。

おかしな映画でした。
日本人がちょっと変でしたね。
中国の映画だから、しょうがないのかなぁ。
アクションシーンは良かったです。
さすがですね。
話のネタとして見るのに、お勧めの映画ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/21/1128302/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。