映画「陽はまた昇る」2007/01/25 01:35

VHSの開発を導いた男の物語。

開発室の室長の男が辞令で、横浜のビデオ事業部長になった。
いわゆる左遷であった…。
しばらくして、
会社は各部門の人員を20%削減すると決定した。
事業部長は、これに対して、
家庭用ビデオの開発に取り組もうとするのですが…。

久し振りに泣きました。
この映画を見ている間は、鳥肌立ってばかりいました。

主人公の事業部長が本当にいい人です。
本当に、こんな人がいたんですね。
彼は、いい家族、いい人達に恵まれてます。
開発の仕事だけとは限りませんが、
どんな事をするにも、やっぱり人なんですね。
事業部長が何回も「皆で」と言う言葉を発してました。
あー、凄い。
事業部長さん、凄い人です。
こんな人と一緒に仕事が出来たら、どんなに幸せなんだろう。
事業部長さんが泣かせる事を言うんですよね。
VHSが出来た時の皆の前での言葉。
この技術を他のメーカーさんにも教えて、
世界中の家庭に、このVHSを置いてもらう。
普通の人だったら、こんな考えは生まれずに、
自分だけのものにしますよね。
他の人とは、さすがに違う。

皆が頑張る姿にも感動しましたが、
一番、感動したのは、やっぱり最後ですね。
実際に、これはしたんですよね、きっと。
このような素晴らしい事業部長さんがいるなら、
皆、やりますよね。
ここで、泣いてしまいました…。

同郷の西田敏行さんの演技が素晴らしかったです。
同じ福島県出身として誇りに思います。

人の力って、凄い。
この映画で、やれば出来るんだと勇気をもらいました。
この映画は、いろいろな人にお勧めしたいです。
私は、たぶん、何回見ても感動します。

コメント

_ キャサリン ― 2007/01/25 08:07

始めまして
いきなりのコメントをお許しください。
私は西田敏行さんの大、大、大ファンです。
西田敏行さんが大好きです。
おっしゃるように、西田さんの演技はすばらしく、もはや演技を超えていると思っています。
「ハマちゃん」の時は、西田さんてこんな人なのか~と思い、「学校」の時、「タイガー&ドラゴン」の時、「葵、徳川三代」の時、そして「陽はまた昇る」の時と変幻自在にとても自然に、ずーと昔からそうだったように、演じられています。そして、そのたびに見た人の心に感動と切ない思いと、元気と笑顔を残されるのです。
名優はたくさんいらっしゃいますが、オールマイティーに素晴らしい名優は西田敏行さんお一人だと私は思います。
ご覧になっていますか? 
あの素晴らしい笑顔、かわいい笑顔、今放送中の「浅草ふくまる旅館」の西田敏行さんの素晴らしいこと!!!
心から応援せずにはおられません♪
コメントが嬉しくてついかきこしてしまいました。

_ Suzu-Yasu ― 2007/01/26 01:14

キャサリンさん、コメントありがとうございます。
「陽はまた昇る」での西田敏行さんの演技は、本当に素晴らしかったです。
あと、私も西田敏行さんの笑顔は好きですよ。
見ていると、明るい気持ちになれます。
これからも、西田敏行さんには、活躍して欲しいですよね。

_ キャサリン ― 2007/01/26 16:56

「はい」♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/25/1136311/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。