映画「サイレントヒル」2007/01/29 00:12

ある街に行ったために恐怖に襲われる母娘の物語。

夢遊病の娘が発病している時に、
「サイレントヒル」という街の名を言った。
母親は娘を連れて、サイレントヒルへ向かった。
そして、母親と娘は、はぐれてしまう。
母親は無事に娘を見つけて、帰ることが出来るのでしょうか…。

ゲームを題材にした映画との事で、
ゲームっぽいところが一杯ありました。
そして、残酷描写が多かったですね。
いやぁ、グロかったなぁ。

母親はサイレントヒルが
どういうところか分かっていて、
娘を連れ出したんですよね。
やめときゃ良かったのに。
でも、サイレントヒルに娘を連れて行けば、
夢遊病が治ると思ったんですよね、きっと。
こんな事になって、ちょっと可哀想だったなぁ。

母親と娘、最初に出てきた所で、
「あれ?何か変だな」と思ったんですが、
この直感?は正解でした。
やっぱり秘密がありました。
それにしても、母親は立派ですね。

父親もサイレントヒルに向かいます。
そして、見ている人だけがある事に気が付きます。
一体、どうなってるんでしょうね、これは。
オカルトものだから、これもありなのかな?

母親の前に出てくるモンスター?が気持ち悪かったですね。
最初に出会ったのが、一番気持ち悪かったです。
たぶん、ゲームのキャラクターと同じのが出てるのかな?
ゲームをやっていないので、
その違いが分からないのが少し楽しみを減らしてますよね。
ゲームやった人がみたら、
同じか異なっているかという事を
確認しながら見る事が出来て、楽しそうですね。

ゲームを映画化という事で、CGも多かったですね。
あるモノの大群も気持ち悪かったなぁ。
夢に出てきそう…。
夢に出たら、本当に嫌な光景でした。

この映画、サイレンが鳴るんですよ。
今日、見た映画の「サイレン」を思い出してしまいました。
この映画でも、
「サイレンが鳴ったら○○の外に出てはいけない」だったので、
ちょっと可笑しかったです。
偶然なんですけど、なんかありそうで。

母親と娘は、本当に迷ってしまいましたね。
これで、帰れるのかなと思っていたら…。
結末を見て、この後、どうなるのか気になりました。

エンドロールは、
ゲームのオープニングムービーのようで、
カッコ良かったです。
前に見た、こちらもゲームを題材にした
映画「DOOM」を思い出しました。

母と娘がどうなるのか
ハラハラしながら見ることが出来て、
楽しめました。
母親の愛は強いですね。