映画「県庁の星」2007/02/03 18:51

プロジェクトを任されていた県庁に勤める男の物語。

ケアセンター建設のプロジェクトを任された男は、
民間人事交流企画のために、
スーパーに半年間研修に行く事になった。
そのスーパーは、いろいろと問題のあるスーパーだった。
また、男もスーパーの人達といろいろと問題を起こしてしまっていた…。

主人公の男はエリートでマニュアルが無い駄目な男でしたが、
スーパーでの研修の末、いろいろなものを学び、成長します。
そして、スーパーの危機に皆と一緒になって頑張ってました。
こういう話は好きです。
よくあるパターンかもしれませんが、いいですね。

男が研修するスーパーが画面に見た時、
本当に大丈夫なのか?と思えるくらいの姿でしたが、
男が来た事によって、スーパーも成長しました。
スーパー建て直しは、少しハラハラ出来て楽しめました。

スーパーでの弁当対決。
これも面白かったです。
やっぱりスーパーなんだよなと思っていたら、
思わぬ展開になって、少し驚きました。

この映画に出ている県庁の上の人には驚かされました。
自分達の事だけ考えているんですね。

最後の休憩所のシーンは良かったです。
こういう事から変えていくんですね。
これは主人公の男が始めた事ですよね、きっと。

いろいろな要素の詰まった映画で楽しめました。
県庁よりはスーパーの裏側が
見る事が出来て面白かったです。

今後は「前向きに考えます」という言葉には、
気を付けたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/02/03/1161881/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。