映画「マインドハンター」2007/02/13 00:14

演習のために訪れた無人島で殺人鬼に襲われるプロファイラーの卵達の物語。

プロファイラーの卵達は最後の演習として、無人島を訪れる。
ここで、ある殺人鬼のプロファイルを行う事になっていた。
仲間の1人が猫の死体を発見。口の中には壊れた時計。
その時計は、10時で止まっていた。
彼らは犯行現場を見つけ、いろいろと調べていると、
その部屋のラジオから音楽が鳴り始めた。そして…。

まず、本当に彼らはプロファイラーの卵なんでしょうか?
それにしては冷静さを無くすのが早過ぎるんじゃないかと。
演習なのに、実際に人が殺されているから、
冷静さを無くしちゃったんですかね?
いかなる時でも、プロファイルしないといけないならば、
やっぱり、冷静さは必要ですよね。
私だったら、すぐに冷静さを無くしますね。
プロファイラーにはなれません。

犯人を決めつけていましたね。
これは、どうかと思うんですがね。
きちんとした証拠も無しに疑ってましたね。
これは、プロファイラーらしからぬ事ですよね。
もっと、いろいろとプロファイルするのかと思っていたのですが、
やはり冷静さが無いと駄目なのかな?

私の真犯人の予想は外れました。
簡単に真犯人が分かったら、面白くないですからね。
でも、なぁ、まさか、こんな終わり方になるとは。

教官もみんなと一緒に行動するのかと思いきや。
違っていましたね。
いろいろと活躍するのかと思っていたんですけどね。

人の殺され方が残酷でしたね。
特に、一番目が嫌ですね。
これは本当に嫌です。

犯人がどうやって殺したのかが分かった時は、
犯人の賢さ、そして恐さを感じました。

この映画のタイトル、憎いですね。
全てが分かった状態で、タイトルを見ると、
「なるほど…。」と思いますね。

ハラハラしながら見る事が出来て、楽しかったです。
ただ、最初の方にも書きましたが、
「本当にプロファイラーになろうとしている人達なの?」
というところが気になりました。

あれ?今、気が付いたんだけど、
無線も壊されていたのかな?
もしかして、無線は無事だったんじゃないかなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/02/13/1179738/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。