映画「人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊」2007/02/18 01:29

人質奪還の任務を遂行する特殊部隊の男達の物語。

ある組織が村人達を殺している現場を目撃した男女は、
逃げようとしたが、男は撃たれ、女は捕まってしまった。
組織は、アメリカに向けて、捕まっている仲間を解放しない限り、
女の解放もしないと声明した。
アメリカは特殊部隊を現地に送り、人質の奪還を命令した。
特殊部隊は、現地の協力者の助けを借りて、
人質奪還を試みるのですが…。

2人の勝手な行動のために、
こんな事が起きる可能性があるんですね。
2人の行動にも問題がありますよね。

イギリスの男がカッコ良かったですね。
彼が主役の映画も作れそうです。
アクションシーンがいいですね。
素早い動きで、大勢の相手をしていましたからね。
オカマとの戦いは気持ち良かったです。

特殊部隊のボスは過去に嫌な経験がありました。
その経験は、敵のボスによるものでした。
この経験は辛いですね。
ボスはトラウマになってるみたいでした。
これは、なって当然ですね。

捕まった女は最初、自分の状況が
理解していなかったみたいでしたね。
だから、敵のボスに対して、変な事を言っていました。
通る話ではない事ぐらいに分かるはずなのになぁ。

以前見た映画のあるシーンと同じようなシーンがありました。
おかしいなと思いながら見ていたら、こうなるとは。
なかなか上手くいかないもんですね。

残酷なシーンもありました。
冒頭の拷問されている男は見ていて痛かったです。
村人達が殺されるシーンも酷かった。
撃った撃たれたの映画ですから当然なんですけどね。

特に面白かったという事もなし。
つまらなかったという事もない映画でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/02/18/1192116/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。