映画「ウルトラヴァイオレット」2007/02/23 01:27

女殺し屋の物語。

ある研究から感染症が出ていた。
それから、人間と感染症にかかっている人との争いが起こっていた。
主人公の女性は、感染症にかかっていた。
彼女は、人間が感染症にかかる人達を
殺す「兵器」を奪おうとしていた…。

ミラ・ジョヴォヴィッチのアクション、カッコ良かったです。
大勢の敵をまとめてやっつけたりするのを見るのは爽快でした。

この映画の世界は、本当に理解できない世界でした。
人間と感染症にかかった人達が争っている世界。
感染症が起きた原因の研究もちょっと宜しくないですね。

主人公の女性は暗い過去を持っていました。
この過去があるから、
彼女は、このような行動をとったんですよね。
納得です。

この映画は、アメコミが原作なのでしょうか?
OPは、いろいろな漫画が写っていました。
映像もなんとなく、雰囲気が変わっていました。
屋上のシーンとか、面白い映像もありましたね。

敵のボスの正体には気が付きませんでした。
外見は、そんなに強そうには見えないのですが、
女殺し屋と普通の人よりも長く戦っていましたね。
暗闇の中のシーンはちょっと物足りなかったです。

約90分という短い時間とは思えない映画でした。
それだけ中身が詰まっていたという事ですよね。
アクションシーン、本当にカッコ良かったです。
続編、作製しないかなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/02/23/1203255/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。