映画「チアリーダー忍者」2007/03/03 00:39

チアリーダーと矯正院生との戦いの物語。

矯正院のシスター達が
チアリーダーがインターネットで
子供達に悪影響を与えると思い、
チアリーダーを叩きのめそうとしていた。
チアリーダーは矯正院生達の襲撃に
対抗しようしたが、やられてしまった。
そこで、忍者の修行をし、
矯正院生たちの再度の襲撃に備えようとするのですが…。

もっとカッコイイ映画だと思っていたのですが、
実際は、とっても下品な映画でした。
学芸会のノリで、自主制作の映画のようです。
戦っている相手が人形になっていたり、
巨大なあるモノのシーンは、ちゃっちいし。

この映画には、ぼかしがありました。
何故、ぼかしがあるか興味のある方は、ぜひご覧下さい。
ただし、お勧めは致しません。

ギャグも笑えない。

なんで、こんな映画見ちゃったんだろう…。

映画「隠された記憶」2007/03/03 17:45

ビデオテープで脅迫された男の物語。

自宅の玄関前にあったビデオテープの映像を見ると、
ずっと自宅が映し出された。
誰が置いたのか分からないでいると、またビデオテープが。
今度は、ビデオテープに絵が描かれた紙が付いていた。
男は、ビデオテープを置いた犯人は、
子供の時に養子として
迎えられる事になっていた子供だと思うのですが…。

この映画、賞を受賞した映画みたいなんですが、
私には、この映画の良さが分かりませんでした。
ただ、主人公の男のはっきりしないところには、
正直、見ていて、イライラしてしまいました。

とにかく、何もかもがはっきりしていないように見えました。
男とある人物との会話もぼやけて話すし。
ある人物が男を追って、話があると言っていたのに、
何を話すかと思えば…。
もしかして、想像力の豊かな人向けなのでしょうか?
私には疲れます…。

衝撃のラストシーンって、予告編にあったのですが、
どこが「衝撃」だったんでしょうか?
見過ごしたのかな?
私には、何も感じませんでした…。

この映画は、私には合わなかったみたいです。
残念です…。

映画「クライモリ」2007/03/03 21:02

森に迷い込んだ人々があるモノから襲われる物語。

面接場所に急いでいた男は国道の渋滞に巻き込まれ、
舗装されてない道を進んでいた。
ところが、道の真ん中に止まっていた車に激突してしまう。
その車に乗っていた人々と、行動を共にし、
国道に出ようと試みていた。
山の中の家を発見し、その中に入ってしまった。
その家は、山に入った人々を殺しては食っていたモノの家だった…。

ハラハラしました。
無事に生還できるのかどうか、ハラハラしました。
これは恐かったです。
何も無い山で車が壊れ、そして道に迷う。
おまけに、人を食うモノ達に襲われるという。
しかも、そのモノ達が気味が悪い。
そいつらの住家が本当に汚い。
よく皆、この家に入れたもんです。
俺だったら、臭いで気持ち悪くなって、入れないです。
家に入らずに、移動していたら、
襲われずに済んだかもしれないのにね。

ここにもバカップルがいましたね。
そのバカップルの女が調子いい奴で、いざという時に…。
最初の強気な態度は、どこ行っちゃったんですかね?
襲われる可能性が分かっていても、「引き返して」と言ってるし、
飛び降り自殺しようとするし…。
こういう人もいないと、ホラー映画は成り立ちませんからね。

殺され方が残酷でしたね。
特に女子。
最初の女子の仲間の犠牲者の
殺され方が一番残酷でしたね。

主役級の2人は強いですね。
どんな事があっても大丈夫ですね。
唯一、笑えたのは爆発シーン。
2人揃って、凄い勢いで吹っ飛ばされてましたね。

ラストは「えー?」という感じでした。
あんな事があって、これでは、
どうしたらいいんでしょうね?

こういう映画を見ると、「山に行かない」と思いますね。
海も恐いですが、やっぱり山も恐いですね。
山は隠れる事が出来るから、
何がいるか分からないところも恐いですね。
恐いので、当分、山には行かないです。