映画「Re:DIAL リダイアル」2007/03/31 01:49

間違い電話を掛けてしまった女の物語。

同棲していた彼氏と別れた女は
留守電の母親のメッセージを聞き、電話を掛けた。
その電話で母親と喧嘩になり、電話を切るが、すぐ掛け直した。
しかし、間違って電話を掛けてしまい、ある女性の留守電に。
改めて、母親に電話し、少し話をして電話を切った。
切った後、すぐに電話が鳴り、相手は男だった…。

間違い電話のために、こんな事になったしまうのは嫌ですね。

実家の電話番号って間違えますか?
私は間違えないです。
彼女は間違えるんですよね。

彼女の住んでいる部屋も古いし、
部屋にはテレビも無し。
今時、テレビが無いのも珍しいですね。

彼女の元に訪れた男の刑事が本当に…。
本当に刑事という行動をしてくれます。
しっかりしろと言いたくなりました。
見ていて、わざとやっているようにも見えましたね。
そのためか、男の刑事の言葉は
信用しない方がいいかもしれないと思っていました。

彼女のような夢ばかり見るのも嫌ですね。
目覚めが悪いと思うんですけど、
彼女は、何とも無いのかな?

最後に、間違い電話の男の正体が分かりましたが…。
なんですか?これは?
どうして、こういう風にするのかな。
とってもスッキリしない…。

それなりにハラハラ出来たのに、結末に…。
ここまで来たら、ちゃんとして欲しかった。
残念です…。

映画「ヴェノム 毒蛇男の恐怖」2007/03/31 09:46

呪われた遺体に襲われる若者たちの物語。

祈祷師の老婆が悪霊の入っているスーツケースを掘り起こし、
車で移動中、事故に遭ってしまった。
その場にいた男女の若者と皆に嫌われている男が
老婆を助けようとする。
スーツケースが車の中にあり、それを取ろうとした男が
車と一緒に川に沈んでしまう。
彼は遺体で引き上げられたが蛇に襲われたような傷があった。
その夜、彼の遺体は消えて、人々も消えるようになり…。

タイトルに「毒蛇」ってあるけど、
毒蛇らしい?事をしている訳ではないのに、
何で「毒蛇」ってタイトルに入れたんだろ?
そう言えば、蛇もそんなに出て来なかったなぁ。
大量の蛇が人々にうわぁっと襲い掛かるシーンとかあったら、
もっと恐かったかもしれないのに…。

登場人物はホラー映画の定番の設定でした。
やっぱりホラーはこうなっちゃうのかな?
変わった設定のも見てみたいです。

皆に嫌われている男って何かしたのかな?
特に酷い事してるようには見えなかったけど。
顔に傷があるだけで皆に嫌われてる訳じゃないし。
現に、危ない老婆を助けようとしましたからね。
本当に悪い人ではないはず。

それよりも若もんの方が酷いよ。
万引きしに行くとか、酒飲んでバイク乗るとか。
でも、主人公の元彼は凄いな。
好きな人のためならって事ですよね…。

人々が襲われるところはハラハラする事は出来ましたが、
思ったほど、恐くありませんでした。
もっと凄いのが人々を襲うのかと思っていたんですが、
あまり暗くてハッキリ見えなかった…。
あと、そんなにグロくもなかったです。

映画「JIGSAW ゲーム・オブ・デス」2007/03/31 14:41

殺人ゲームに引き込まれてしまった女性の物語。

主人公の女性は気が付くと誰もいない工場のようなところにいた。
誰かいないかと探し回ると、自分を含めて、男3人女3人いた。
スピーカーからテレビ番組の撮影開始を告げる声が聞こえ、
最初に、腹に傷を受けた男がゲームに挑戦することになるのですが…。

はっきりと言ってしまえば、「SAW」のパクリでした。
本家とは比べ物にならないと思いますが、
パクリでも面白いですね。

6人がそれぞれ生死を掛けたゲームに挑戦します。
テレビ番組の趣旨が自分の恐いモノに挑戦するらしく、
ゲームには自分の恐いモノが入っていました。
一番残酷だったのは、やっぱ男女2人のゲーム。
これは嫌でしたね。

いろいろあって、
最後の方は、ゲームとは関係なくなっちゃいます。
ゲームの主催者の目的がありましたからね。
目的を知ると、「これはねぇだろ!」と言ってしまいそうでした。
今回よりも前のゲームって、何の目的で行ったんだろう?

予想していたよりも面白かったです。
「SAW」のパクリだと思って見ると、結構楽しめますよ。

玉置成実 - NAMI TAMAKI Best CONCERT "My Graduation" at 中野サンプラザ 2007.03.312007/03/31 22:15

今回も曇り空。
天気予報だと18時からは50%。
でも、傘は持ちません。

中野駅に17時半頃着きました。
まだ会場まで時間があるので
何か食べようとアーケード街を歩いてみました。
ラーメン屋があったので、入りました。
席に着いて、注文して待つ間に、
有線から、玉置さんの新曲「CROSS SEASON」が流れました。
なんだか幸先いい感じに思えました。
しかし、残念ながら、ラーメンの味は…。

ラーメン屋を出て、コンビニで飲み物を買い、
いざ、中野サンプラザへ。
男性ばかりかなと思っていたのですが、女性も結構いました。
それにしも、よく二日前にチケット取れたなぁ。

会場に入り、グッズ売り場へ。
今回は、タオル、Tシャツ、ライト?、バッグを買いました。
結構なお値段でした…。
次のライブでは、グッズはタオルだけにしようかな。
そう言えば、売り場のお姉さんにTシャツのLを頼んだら、
「アメリカンサイズですが、いいですか?」と言われた。
「いいです」と答えて購入しました。
ライブのMCで「部屋着として使ってください」との事だったので、
今、早速着てみました。
そんなにブカブカではないですね。
という事は、兄の体型は…。

開演は予定より少し遅れました。
最初から、ダンスが激しいですね。
この調子で行くのかな?と思ったら、
この調子で行きましたね。玉置さん、凄いです。

今回は、ベスト・アルバム「Graduation ~Singles~」を
引っさげてのライブでしたので、一緒に歌える曲が多かったです。
「Reason」はカッコイイですね。
始まってすぐに鳥肌立ちました。
間奏の一列になった後で、ずれながら踊るのは感動。
「大胆にいきましょう↑Heart & Soul↑」は、見ていて楽しかった。
PVと同じ振りなんですね。
もしかして、同じ振りのようで少し違っているのかな?
この曲は、約一ヶ月間の仙台の出張の時に
励まされた曲だったので、やってもらえて嬉しかった。
「Sunrise」も好きな曲だったから、やってもらえて良かった。
唯一のバラード曲の「You」は聴き惚れていました。
CDと違って、やっぱり生はいいですね。
残念だったのが、「MY WAY」がメドレーで短かった…。
次のライブではフルコーラス聴きたいです。

ダンサーの紹介を兼ねたダンスでは、
2-YANとRIEさんのダンスが印象的でした。
2-YANは最後の寝そべった後の立ち上がりに驚き、
RIEさんは他の女性の人とは違った雰囲気のダンスで良かったです。

兄の席は2階席でした。
ステージ見えないんだろうなぁと思っていたのですが、
始まっても2階席の人達は、ほとんどの人が座っていました。
そのため、ステージがよく見えて良かったです。
みんな座っていたのは、事故があったからなんですかね?
2階ですから、当然ステージから遠く、
玉置さんの顔の表情がはっきりと見る事が出来ませんでした。
スクリーンがあったら良かったのになぁ…なんて、わがままですよね。
でも、終演後、会場から、すぐに外に出る事が出来たのは、
2階席だったからですね。
そのため、すんなり帰る事が出来ました。

兄の近くにいた人、立とうか立たないか迷ったあげく立ちましたね。
兄も立ちたかったけど、立ちませんでした。小心者で済みません。
座っていたから、全然汗かかなかった。
ずっと座っていたから、最後の方は少しで尻が痛かった…。
1階席だと立って騒げたんだろうな。

2年半ぶりのバンドスタイルだそうですね。
音に迫力があって気持ち良かったです。
時々、バンドの音に彼女の声がちょっと負けてましたね。

今回ののライブの模様は
DVDとして6月にリリース予定だそうです。
買おうかなぁ。
MC中に水を飲む彼女に、
ファンが一気コールをした後の
彼女の一言が面白かった。
これはDVDに入るかな?入らないかな?

終演後、会場を出ると強風。
雨は降っていませんでした。良かった。
この分だと部屋に着くまでもちそうかな…。
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
この予想は当たり、部屋に着くまで雨は降りませんでした。
というか着いてからも雨降る気配なし。

また、機会があったら、玉置さんのライブに行きたいです。
本当に楽しかった!