映画「Re:DIAL リダイアル」2007/03/31 01:49

間違い電話を掛けてしまった女の物語。

同棲していた彼氏と別れた女は
留守電の母親のメッセージを聞き、電話を掛けた。
その電話で母親と喧嘩になり、電話を切るが、すぐ掛け直した。
しかし、間違って電話を掛けてしまい、ある女性の留守電に。
改めて、母親に電話し、少し話をして電話を切った。
切った後、すぐに電話が鳴り、相手は男だった…。

間違い電話のために、こんな事になったしまうのは嫌ですね。

実家の電話番号って間違えますか?
私は間違えないです。
彼女は間違えるんですよね。

彼女の住んでいる部屋も古いし、
部屋にはテレビも無し。
今時、テレビが無いのも珍しいですね。

彼女の元に訪れた男の刑事が本当に…。
本当に刑事という行動をしてくれます。
しっかりしろと言いたくなりました。
見ていて、わざとやっているようにも見えましたね。
そのためか、男の刑事の言葉は
信用しない方がいいかもしれないと思っていました。

彼女のような夢ばかり見るのも嫌ですね。
目覚めが悪いと思うんですけど、
彼女は、何とも無いのかな?

最後に、間違い電話の男の正体が分かりましたが…。
なんですか?これは?
どうして、こういう風にするのかな。
とってもスッキリしない…。

それなりにハラハラ出来たのに、結末に…。
ここまで来たら、ちゃんとして欲しかった。
残念です…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/03/31/1357684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。