映画・DVD「コンスタンティン」2007/04/14 00:49

悪魔祓いをする男の物語。

悪魔祓いをする男は少年時代に
人には見えないものが見えてしまったために、
自殺を図っていた。
そのため、死んだ後は地獄に行く事になっていた。
彼は地獄行きからなんとか天国行きに変えたいために、
悪魔祓いをしていた。
彼はある女性と出会い、
彼女から助言が欲しいと言われるのですが…。

思いっきり、非現実な世界でした。
CG、凄いですね。
もう本当に、CGだらけ。
はっきりとCGだと分かるところもあれば、
気が付かないところもCGだったりするんですよね、きっと。
技術って進歩してるんですねぇ。

虫の大群が凄かったですね。
小さなものでも沢山いると違いますよね。
そいつらが集まって、形作ったりしてましたね。

いきなり、最初から驚かされました。
映画が始まる前のロゴです。
いつもと違うなと思っていると…。
いやぁ、カッコイイですねぇ。
こういう凝った演出いいですね。
他の映画でも、こういうのやってくれたらいいのになぁ。

キアヌ・リーブスがクールでカッコ良かったです。
女刑事の人もカッコ良かったなぁ。
天使は顔のアップがキツイですね。
天使がおばさんでは駄目です。
ルシファーが悪魔なのに、動作が可愛かったなぁ。
この登場人物の中では、
一番良かったのは、
やっぱりルシファーだなぁ。

タクシーの運転手の青年に「えっ?」と驚かされました。
彼なりに頑張っていたんですね。
こういう人見ると、すげぇって思いますね。
でも、こんな風になっちゃったのは嫌だったなぁ。
本当にショック!でした…。

ちょっと恐いなぁと思ったのは、
コンビニ?酒屋?のシーンです。
なんで、こんな事になるの?と見ていました。
そして、最後は…。
これは本人は気が付かないで、
実際はやっていたという事なんですかね?
う~ん、恐いですねぇ…。

この映画の中の地獄は変わった世界でした。
なんだかぼやけているような、
気温が暑そうな感じで、もやもやしてるみたいですね。
自分がイメージしている地獄と違っていました。
もっとおどろおどろしい世界だと思っていましたので。
人の数だけ、イメージの数もあるという事ですよね?

エンドロールが終わっても、まだ続きがありました。
思わず、ニヤリとしてしまいました。
あのままではなく、
このような結果になって良かったです。
救われました。

面白かったです。
最初にも書きましたが、
非現実的な世界を楽しめました。
もしかしたら、ある人にとっては
日常的な世界かもしれませんが…。
これは続編は、作製されないのかなぁ…。
作製されたら、ぜひ見たいです。

映画・DVD「ハウス・オブ・ザ・デッド」2007/04/14 10:28

「死の島」と呼ばれる島を訪れた人々の物語。

パーティーがある島で行われる事になったが、
その島へ行く船は既に出てしまっていた。
ちょうど船にいた男に島まで乗せてもらうように頼むのだが、
なかなか応じてもらえなかった。
大金を出す事を条件に船に乗せてもらい、島へ上陸したのだが、
人々の姿は見えなかった…。

タイトルからも分かると思いますが、ゾンビ映画でした。
この映画に出てくるゾンビはオールマイティーです。
走ったり、飛んだり、武器使ったり、泳いだり…。
これは、ゾンビとしては反則だと思います。
やっぱり、ゾンビはゆっくりした動きで、
人間に束になって襲い掛かるのが恐いと思うんですけどね。
あと、頭を撃たなくても倒せるのかな?
ゾンビ映画見た登場人物がいそうだったけど、
頭を狙えという話は出てこなかったからなぁ。
どうなんだろ?

後半の屋敷に入るために、
ゾンビの集団を皆で倒すシーンは、ちょっと長過ぎのような…。
しかも、同じようなシーンばかりで段々と白けてしまいました。
たぶん、この映画を作製した近くに、
ある映画が公開されていたのでしょうか、
その映画の影響が多いように見れました。
この映画の公開当時に見たら、
良かったかもしれないけど、
今となっては、同じような映画が沢山あったので、
しつこい感じがしますね…。

途中途中にゲームの映像が入っていました。
この映画はゲームを元に作製されたそうなのですが、
だからと言って、わざわざゲームの映像を入れなくてもなぁ。
それの事がかえって、変な感じにさせました。

主人公の男の行動が分からないです。
というか登場人物全員なんですけどね。
ある人が襲われているのを
ボーっと見ているシーンがあったんですよね。
普通だったら、
助けるとか何か言うとかするんですけど、
何にもしない。
他の人達も後先を考えずに行動するから、
危険な目にあって…。
ちょっと他のゾンビ映画と異なる映画のように見えました。

そんなに恐くないゾンビ映画でした。
最後の方になれば、なるほど、段々と…。
友達がこの映画をお勧めできない理由が
なんとなくですが、分かったような気がしました…。

映画・DVD「ディセント」2007/04/14 16:44

洞窟探検をする女性達の物語。

交通事故で夫と娘を亡くしてしまった女性は、
女友達と一緒に洞窟探検をする事になった。
洞窟の事は自前に本で調べていたのですが、
どうも本と違う事に気が付き、
主催した女性に聞いてみると、
未踏の洞窟だと分かった…。

交通事故のシーンは痛々しかったです。
目の前で、こんな事が起きたら、
絶対、トラウマになりますね。
夫と一緒に
娘も亡くなってしまっていたのには、
ショックでした…。

事故から一年後、
夫と娘を亡くした女性は女友達と一緒に洞窟探検へ。
しかし、この洞窟探検で、
トラブルが起こってしまいました…。
内容を知らずに見たので、
洞窟から脱出するために、
いくつかの難所をクリアして行く映画だと思っていました。
しかし、単なる洞窟脱出映画ではありませんでしたね。
こんな事になるとは思ってもいませんでした。
でも、地下ってどうなってるか分かりませんからね。
この映画と同じような事があったら、どうしよう…。
まぁ、洞窟に入らなきゃいいんですよね。

主催者?の女性がいいですね。
あの思いっ切りぶりが特にいいです。
躊躇ってないですよね。
主人公の女性も同じですけど。
彼女の場合は、ちょっと違いますが…。

洞窟内にある崖を渡るシーンには、ハラハラしました。
こういうのって、心臓に良くないですよね。
自分から進んでやろうとした女性は凄い勇気のいる人です。
ある意味、カッコイイですね。

主催者の女性が好きだからって訳ではありませんが、
あの行為は業とではありませんよね?
主催者の女性だけが悪い訳ではないと
私は思うんですけどね。

最後には参りました…。
こう来ますか?
俺は、あまり好きではないエンディングでしたね。

何も知らずに見て良かったかもしれません。
意外な展開を楽しむ事が出来ました。
そう言えば、洞窟ものの映画のDVDが
同時期にレンタルされましたよね?
なんでなんでしょう?
ある映画の便乗映画?
でも、ある映画が分からないです。
どれだろう?
沢山あって分かりません…。
どなたか教えてくれる人いませんかねぇ。

映画・DVD「幸せのポートレート」2007/04/14 20:26

ある家族のクリスマスの物語。

ある家族の長男は恋人の女性を連れて、
クリスマスに実家に帰ってきたが、
恋人の女性がちょっと変わっていて、
家族みんなの反応が…。
そこに、彼女の妹も呼ばれてやってくるのですが…。

長男の恋人の女性は自分では悪気が無くても、
他人を嫌な気分にさせてしまうみたいですね。
ある夜の食卓のシーンは本当に嫌な気分になりました。
折角、家族の中にある安定を
彼女の話に寄って不安定にさせてしまうんですからね。
これは怒って、当然の事だと思います。
なのに、彼女は自分が何をしたか
分かってなかったみたいですね。
こういう人は自分で気が付かないと直りませんよね…。

長男も長男なんですよね。
彼女の妹がバスから降りた瞬間に…。
彼女の事なんだと思っていたのでしょうか?
彼も変ですよね?

家族の次女は嫌な奴でしたね。
長男の恋人に意地悪してました。
しかも堂々と。

最後は、なんか都合の良い話になっちゃいましたね。
こんなに上手く行くはず無いように思えちゃって、
白けてしまいました…。