映画・DVD「デトネーター」2007/04/19 00:23

女性の護衛を頼まれた男の物語。

男は任務遂行のために無茶な事ばかりしていた。
彼は、すぐに帰国し、裁判を受けないといけなかった。
彼は友人から女が帰国するまでの護衛を頼まれた。
しかし、彼女はある秘密を持っていた…。

主人公の男が強過ぎ?もしくは敵が弱過ぎ?
たぶん、主人公の男が強いんでしょうけど、
主人公の男がピンチの時ってあったかなぁ?
だいたい、こういう映画の場合、
ピンチの時があると思うのですが、
うーん、あまり目立たないです。
強いて言えば、車に乗せられた時なのかなぁ?
もしそうならば、短かったなぁ。
まぁ、主人公の男が敵をバッタバッタと倒すのは見ていて
気持ち良かったかなぁ?
うーん、なんかあっさり倒していったような…。

印象的なシーンは…、うーん、どこだろう?
あったかなぁ?
主人公の男ではないのですが、
地下鉄で頑張った男は凄かったなぁ。
あっさり殺されちゃうのかな?と思ってみたら…。
なかなかです。

カッコイイと思えるシーンは…。
正直無かったなぁ。
珍しいです。
対外はカッコイイと思えるシーンあるんですけどね。
撮り忘れたのかな?

男が護衛する女は
東洋系?スパニッシュ系の顔が綺麗な人でした。
しかし、男の前に、着替えて登場したのですが、
この服はもっとグラマラスの人が着るのでは?
逆に、寂しさが表れていました…。
もっと彼女に似合う服を着せてあげればいいのに…。

正直に言いまして、あまり面白くなかったです。
ただ単に男が女を守る映画だったとしか言えないです。
最後のボスも…。
残念です…。

映画・DVD「Hな彼女の選び方 ボクのハートは右か左か?」2007/04/19 20:46

元気づけた女性を笑わせようとする男の物語。

恋人に振られた男は茫然としていた。
彼は絵描きを目指していたが才能もない講師に言われて、
最悪の日だと思われていた。
そんな彼は、自分が描いた
笑っている口元のスケッチを拾った女性と出会う。
彼女と話す事で元気を取り戻した男は
彼女の連絡先を無くしてしまい、
宅配の仕事をしながら、彼女を探す事に。
ようやく彼は彼女を見つけたが、
出会った日と違っていた…。

主人公の男が最終的に2人の女性の
どちらを選ぶかということで、
サブタイトルが付けられていますが、
これは本当に最後の最後。
それまでは自分を元気付けた女性が
元気が無いのを見て、
なんとか自分が彼女を元気付けようとする内容でしたね。
だから、最初の方は
「何でこんなサブタイトル付いてんだろ?」と
思ってました。
もう少し違ったサブタイトルでも良かったんじゃないのかな…。

定番なラブコメで笑えるところがいろいろとありました。

主人公の男の親戚の男はHな雑誌を集めるのが趣味らしく、
ちょっと普通の人では買わないような雑誌まで買ってましたね。
これは笑えずに、ちょっと引いたな。

主人公の男と親戚の男に起こる
女性のマンションのパーティーでの出来事は
面白かったです。
実際に、これをやられたら嫌だけどね。

主人公の男とアマゾネスとのシーンも面白かったですね。
彼が彼女の部屋に配達して部屋の中で彼女に言うシーンとか、
店に訪れた珍客に対応するシーンとか。

主人公の男は絵描きを目指していたのですが、
彼の絵は独特ですよね?
絵描きよりは漫画家の方がいいですよね?
好きな人はいると思います。

何故、彼女から元気が無くなったのかは
最後に分かるのですが…。
もし自分だったら、引いてしまうかもしれないですね。
これだけ一生懸命にやって、これだったら。
でも、本当に好きな人だったら違うんですかね?
やっぱり、その時にならないと分からないなぁ。

爆笑とまでは行きませんが、
予想していたよりは面白かったです。
Hなラブコメが好きな人には、
ちょっと物足りないかもしれませんね。