映画・DVD「ガルーダ」2007/04/22 23:45

古代生物に襲われる女性の物語。

父親の古代生物の研究を引き継いだ女性は、
叔父に呼び出されて、
研究仲間の男性と一緒に地下鉄工事現場へ。
現場には何故か軍隊もいた。
彼女は固い岩盤を調べる事に。
その岩盤の反対側は空洞になっている事が分かり、
軍隊が爆破する。
その空洞には、父親が捜し求めていた
古代生物の化石があったのですが…。

パッケージにタイ版ゴジラと書かれていたので、
どんなものかなと思い見てみました。
こいつはゴジラよりも賢い生物ですね。
ちゃんと人の行動を予測して、行動してます。
本当にずる賢い。
何で、こうなるんだよと悔しい思いが何度もありました。

主人公の女性には、ちょっと腹が立ちましたね。
よくあるパターンです。
彼女がトラブルメーカーになり、周りの人々が…。
こういう研究をしている人は、
もっと利口なんじゃないのかな?
一番驚いたのは、
彼女が古代生物を保護すると言い出したのには、
口がポカンと開いてしまいました…。
彼女が行動しなければ、
こんな事にはならなかったのに。
少しは反省したのかな?

逆に軍隊の皆さんはカッコ良かったですね。
隊長さんは冷静な状況判断が出来て、さすがです。
こういう人がいて救われました。

古代生物の動きが凄かったです。
スムーズに見えました。
CGって凄いですね。

なかなか古代生物が登場せずに、
前半はどうなるんだろうと思って見てましたが、
古代生物が出てからは、
ハラハラする事が出来て楽しめました。
主人公の女性がもっと賢い人だったら、
もっと良かったのになぁ…。