中西圭三 - Neo Classic Concert with SEASONS at 東京文化会館 小ホール 2007.5.122007/05/13 02:24

今日は、とってもいい天気でした。
天気がいいと気分がいいですね。

今日の中西さんのコンサートは
クラシックのコンサートがよく行われている
東京文化会館で行われました。
中西さんの知名度からして、
人が入ると思うのですが、
何故か、小ホールなんですよね。
どうしてだろうと思っていたのですが…。

東京文化会館は上野公園にありました。
天気がいいので、上野公園を散歩、
動物園で動物観察するのもいいなぁと思いましたが、
東京文化会館に入ってしまいました。
クラシックのコンサートを頻繁にする会館らしく、
落ち着いた雰囲気のする建物でした。

入場する時に、プログラムをもらいました。
プログラムには、中西さんとSEASONSのプロフィール、
そして、今日、演奏する曲目が載っていました。
クラシックって、演奏する曲、曲順が
プログラムで分ってるんですよね。
ポップス、ロックのコンサートではありませんよね。

入場すると、バー?ですか?
ドリンクが売られているところがありました。
まさか、ホール内でドリンク飲める訳ないよね?
と思いつつ、ホールに入ろうとすると、
入口に、テレビ?が置いてありました。
画面にはステージが映し出されています。
これは、後から来た人がホールに入るタイミングを
見るためにあるんですよね。
遅刻する人なんているのかな?

ホール内に入りました。
まず、入って、最初に思ったのが、天井が高い。
そして、本当に小さいホール。
これなら、中西さんやSEASONSのメンバーの
顔の表情が見れますね。
席に着て、びっくり。
ステージが近いです。
しかも、前の席が一段下になっているため、
自分の目の前に、
前の人の後頭部が来ない席でした。
いい席で良かった。
まだ、来ていない人もいるらしく、
席がところどころ空いていました。

いよいよ開演です。
まず、SEASONSとピアノ演奏者がステージに登場。
そして、中西さんも登場。
マイクを持たずに中央に行くから、
まさかと思ったのですが…。
生歌でした。
鳥肌が立ちました。
これをするために、小ホールだったんですねぇ。
中西さんは本当の歌手ですね。
それにしても、よくあんなに声が出るなぁ。
中西さん、凄いです。

バックで演奏するSEASONSもいいですね。
ある曲とオペラの曲を交ぜて演奏しました。
その後のMCで客席の人に、
「オペラの曲が何か?」のクイズを出してました。
3曲あったそうなのですが、兄には、さっぱり分りません。
しかし、分っている人はいるんですね。
3曲全部ではありませんでしたが、2曲当てた人がいました。
3曲中の一曲をSEASONSの人が
すぐに言う事が出来なかったのが、
微笑ましかったです。
ある曲での、バイオリンの掛け合い、凄かったです。
迫力ありました。

中西さんは咳ばらいしても良いと言っていたけど、
やっぱり、こういう音楽を聴く時は静かに聴きたいです。
咳ばらい、気になりました。
あと、遅刻してくる人も何人かいましたね。
正直、そういう人を見ると嫌な気分になりますね。

あと、まさかと思っていたのですが、
遅刻してくる人達が何人かいましたね。
今日のコンサートは、14:00開演。
もっと余裕を持って、参加できないのかな?と。
実は、兄の両隣りの人達は、遅刻してました。
途中からの参加でしたが、
兄は気になって、途中、ステージではなく、
遅刻してきた人に気が向いてしまいました。
しかも、片方の人は、何度か肘が
兄に当たっても、何にも言わない。
マナーの悪い人でした。
こういう人がいたのは残念ですね…。

コンサートは第一部と第二部となっていました。
第一部は、スタンダード・ナンバー?、
第二部は、中西さんの曲を歌ってくれました。
プログラムでは、第二部の最初の曲が
「次の夢 OR 眠れぬ思い」となっていました。
兄は、「眠れぬ想い」が好きなので、
そっちを歌ってくれないかなと願っていたのですが…。
演奏が始まって、残念…。
「次の夢」でした…。
「次の夢」も好きな曲なので、いいのですが、
出来れば、「眠れぬ想い」が聴きたかったなぁと思いました。
「次の夢」の次は、「ジュピター」となっていました。
平原綾香さんが歌った曲かな?と思っていると、
「あれ?なんか違う?」
中西さんは、「眠れぬ想い」を歌っていました。
その次の曲もプログラムとは違い、
今朝放映していた「ぶらり途中下車の旅」の
エンディングの曲を歌っていました。
コンサート終了後、ホールを出ると、
プログラム変更のご案内がありました…。
全然気が付きませんでした…。
これは、失敗した。
でも、聴く事が出来ないと諦めかけてた
「眠れぬ想い」が聴けたので良かったです。
嬉しさが100倍でした。

最後の方のメンバー紹介で、中西さん、やっちゃいましたね。
こういうハプニングがあると、身近に感じます。
あぁ、同じ人間なんだなぁって。

コンサートは、
「中西さんが歌う → SEASONS演奏 → 中西さんが歌う」
(第一部、第二部ともに)
というローテーションになっていました。
マイクを使わずに、ホールにいる人、全員に歌声を届けるのは、
そうとう体力がいるみたいですね。
歌っている中西さんは迫力ありましたからね。
首にも、何本か筋が出てましたし。
中西さん、凄いです。

このコンサートで、「アヴェマリア」を中西さんが歌いました。
兄が知っていた「アヴェマリア」と雰囲気が違っていたので、
ちょっと変な感じがしました。
「Woman」は、なんだかテンポが早かったですね。
もう少しゆっくりでも良かったんじゃないかなと思ってしまいました。
ZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」も歌ってくれました。
間奏でのパフォーマンスに、ちょっと笑いました。

中西さんはMCの時もマイクを使っていませんでした。
そのためか、ホール内がアットホームな空間に思えました。
本当、小ホールで良かった。

日頃、クラシックを聴かない兄なので、
弦の音がとても新鮮でした。
また機会があったら、参加したいな。

D-51 - D-51ツアー2007 ”三横一村” at Zepp Tokyo 2007.5.132007/05/13 23:56

昨日に引き続き、今日もコンサートです。
今日は昨日と違って、普通のコンサートです。
D-51の曲は、正直に言いますと、
「NO MORE CRY」だけしか知りませんでした。
そこで、今回は何週間も前から予習しました。
聴いてみると、いい曲が沢山ありました。
この曲が生で聴けると思うと楽しみでした。

今日は曇り空。
予報では雨が降らないようなので、
今回も傘は持ちません。

今日は、兄の友達と一緒に参加です。
彼も兄と同じ状態だったので、
予習してきたはず。

Zepp Tokyoは初めてだったので、
どんな会場が知りませんでした。
中に入ってみると、
ライブハウスのような造りですね。
このコンサートは全席指定だったので、
ちゃんと椅子がありました。
たぶん、普段は椅子無いんですよね?

開場が16:30で、開演が17:00。
あまり待つ事も無く、スタートしました。

一曲目は、兄の予想とは違う曲でした。
そう言えば、最新アルバムのDisc2で、
好きな曲だって言ってましたよね。
確かに、一曲目にふさわしい曲でしたね。

兄の好きな曲「はじまる」。
いやぁ、いい曲ですね。
この曲を聴くと、やる気が出ます。
さわやかな感じもいいし、
カラオケで歌えたら、気持ちイイだろうなぁ。
生で聴くと、更にいいですね。
当然ですが、鳥肌立ちました。

まさか、デビュー曲を歌うとは思っていませんでした。
この曲もいい曲ですよね。
さわやかです。
これからの季節にぴったりですよね。

各自、ソロで一曲歌うコーナーがありました。
まず、YASUさん。
難しい曲を見事に歌っていましたね。
もう鳥肌です。
そして、YUさん。
いいですね。
この曲、好きです。
歌詞も良かったです。
サビ前のフレーズがいいです。

「NO MORE CRY」は、やっぱり盛り上がりましたね。
その後の曲も兄の好きな曲で生で聴く事が出来て嬉しかった。
これも、もちろん鳥肌が立ちました。

俺の友達の好きな曲も歌いました。
友達いわく、聴けないのかなと思っていたらしく、
聴く事が出来て、嬉しかったそうです。
友達も満足できて良かったです。

本編ラストの曲も良かったです。
皆で一緒に手拍子して一体感を感じる事が出来ました。

アンコールのある人の掛け声が面白かったです。
兄は、あそこまでは出来ないです。
立派です。

アンコールでは、ラジオの罰ゲームが実行されました。
面白かったです。
アンコールラストの曲もいいですね。
特に、一番左の人には驚かされました。
ちょっと目立っていたかもしれませんね。

MCで、YASUさんが実体験を元に作ったと言っていた曲が
今日のコンサートで聴いて好きになりました。
この曲も当然、鳥肌が立ちました。

楽しかったです。
席も良かったですし。
今回は予習の成果もあり、
ほとんどの曲を一緒に歌う事が出来ました。
ただし、バラードのような曲は、
静かに聴いてましたよ。
残念だったのが、「BELIEVER」が聴けなかった事。
ぜひ、次回のコンサートで聴いてみたいです。

それにしても、
二人は本当に歌が上手いですね。
あと、二人の特徴ある声がいい。
これからも、いい曲を作り、歌い続けて欲しいです。
また機会があれば、ぜひ参加したいです。
もちろん、友達も一緒です。