映画・DVD「レイヤー・ケーキ」2007/05/26 08:51

麻薬売人の引退前の仕事の物語。

いろいろと交ざっていて、
理解するのに、少し苦労しました。
やはり騙し騙されの世界なんですね。

主人公の男は、
この仕事を最後に引退を考えているのですが…。
最後の仕事というだけあって、
かなり危険な事ばかりしてますね。

こういう世界って簡単に人を殺すイメージがあるのですが、
この映画でも、そうでしたね。
恐い世界ですね。

主人公の男が強い男では無い事が良かったです。
なので、いろいろな危険な目にも遭います。
一番恐かったのは、工事現場かな。
俺だったら、あんな所で尋問されても、
何も答えられないです…。

レイヤー・ケーキとは断層世界の事を言うそうですね。
こういう世界の事を言っていたんですね。
ちょっと勉強になりました。

最後の仕事は簡単には終わりませんでしたね。
今まで、いろいろとやってきたんだから、
こうなっても、しょうがないですよね。

"ラッキー"が期待外れだったなぁ。
もっとやってくれると思ったのに。

カフェでの争いは酷かった。
特に最後のキメが。
アイロンも無残でしたね。
クーラーボックスの中も…。
振り返ってみると、
結構、所々に残酷なシーンがありましたね。

交渉の時の場所は人目につく所がいいですね。
殺される確率が低くなるから。

裏の危ない世界を見る事が出来ました。
ハラハラする事も出来て、予想以上に良かったです。