映画・DVD「インディアン・ランナー」2007/06/05 22:44

警官の兄と軍隊の弟の物語。

警官の男は軍隊に行った弟が帰るのを楽しみにしていた。
弟は兄とは反対の性格で乱暴者だった。
弟が帰り、両親にも会うのかと思ったら、
弟は、両親に会わずに、また出て行ってしまった。
その半年後、母親が亡くなった。
その時、弟は刑務所に入っていた…。

大人しい兄と乱暴者の弟。
実際に居そうですよね。

兄の子供、赤ちゃん、可愛いですね。
バイバイ。
警官の兄が窓をトントンと叩いた時に、
振り向いた顔も可愛かったです。

母親が亡くなりましたね。
なんで亡くなったんでしょうね?
病気かな?
そのためか、
父親のとった行動には驚きました。
何で?どうして?
もうショックです…。

警官って仕事は大変ですね。
命の危険と隣り合わせ。
警官の兄が住むような所でも、
危険ありますからね。

警官の兄が言ったように、
弟は弱いですね。
俺から見ても、精神的に弱いなと思いましたからね。
まず、人に暴力をふるう事で弱さを表してますからね。
たぶん、不安な状態になると、
危ない行動に走ってしまうんですよね。
困った弟ですね。

最後の方の弟が起こした行動には、
とてもショックでした。
どうして、こんな事をしてしまったんですかね。
信じられなかったです。
衝撃的でした…。
ある人には予想通りかもしれないですね。

バーのマスターはちょっと変な人ですね。
変じゃなければ、やっていけないのかな。

あるシーンがグロかったです。
ここまで、リアル(?)にしなくてもいいじゃないんですかね。
なんで、このシーン撮ったんだろう?

こういう最後にはならないで欲しかったです。
あまりいい方向には行かないと予想はしていたんですけどね。
出来れば、いい方向の最後を見たかったです。
とてもショッキングな映画でした。
幸せそうなシーンもあったんですけどね。
あと、タイトルの映像もショッキングでした…。